주요 기사 바로가기

「BTS、性病の名前みたい」 アルゼンチン極右副大統領候補が嫌悪発言で批判

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.27 08:59
0
アルゼンチン大統領選挙で極右派候補とともに出馬した副大統領候補が過去にBTS(防弾少年団)に対する嫌悪性の発言をしたとして批判を受けている。

26日(現地時間)、アルゼンチンのBTSファンクラブ「BTS&アルゼンチン」によると、自由前進党のビクトリア・ビヤルエル副大統領候補は2020年、ツイッター(現X)でBTSについて言及したあるツイッター利用者のリプライに「BTSは性病の名前みたいだ」と返した。

ビヤルエル氏は来月19日に決選投票を控えたアルゼンチン大統領選挙で右派野党ハビエル・ミレイ候補とともに選挙運動を展開している人物だ。

 
当時ビヤルエル氏はまた「私はピンク色の頭をした韓国人が嫌いだ」とも書き込んだ。当時も一部BTSファンから指摘と抗議があったが、BTSファンはビヤルエル候補が言及した人物がBTSのRMだとみている。

ビヤルエル氏が3年前に投稿した該当のコメントは、ビヤルエル氏が22日に大統領選挙本戦投票でミレイ氏とともに2位で決選に進み、再び言及されている。

しかしビヤルエル氏は今回も「1000年過ぎたおもしろいツイートチャットのアラームがこのように多くなることになり申し訳ない」とし、大したことではないというふうに反応した。

BTSファンクラブはこれに反発して声明を出し、「BTSが伝えるメッセージは常に自身と違った人々に対する尊重だった」とし「ビヤルエル候補のBTSに対する嫌悪的なゼノフォビア(異邦人に対する嫌悪)言及を糾弾する」と批判した。

あわせて「ビヤルエル候補の最近の発言から推測して、彼の適切な謝罪は期待していない」とし「同じようなツイートが見つかれば挑発の助長に乗らずにArmy(BTSファンクラブ)に申告してほしい」と明らかにした。

弁護士出身のビヤルエル氏は「汚い戦争」(1976~1983年)と呼ばれる軍事独裁政権に参加した軍人一家の出身で、軍事政府再評価の必要性を率先して主張している。

現職下院議員でもあるビヤルエル氏は公務のために提供される航空券でパーティーに出席したという疑惑で非難を受けたこともある。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「BTS、性病の名前みたい」 アルゼンチン極右副大統領候補が嫌悪発言で批判

    2023.10.27 08:59
    뉴스 메뉴 보기
    BTS
    TOP