주요 기사 바로가기

2%まで割り込んだ…潜在成長率ショック=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.24 07:13
0
韓国の潜在成長率が今年初めて1%台に入るだろうという見通しが出てきた。下落傾向が続き、場合によっては長期低成長の沼に落ちる恐れもあるとの懸念が提起される。

韓国銀行が23日に野党「共に民主党」の康準鉉(カン・ジュンヒョン)議員に提出した「最近20年の韓国を含む主要国の年度別国内総生産(GDP)ギャップ現況資料」によると、経済協力開発機構(OECD)は6月に韓国の今年の潜在成長率を1.9%と推定した。潜在成長率は簡単に言えばある国の経済の基礎体力を示す指標だ。労働や資本などを最大限投じて物価を刺激しないで達成できる最大成長率を意味する。政府が支出を増やし景気浮揚策を使って成長率を2%以上に育てることはできるが、インフレ(物価上昇)のような後遺症を招くことになるという意味でもある。

OECDが推定した韓国の潜在成長率が2%に満たないのは今年が初めてだ。来年はさらに低くなり1.7%まで落ちるだろうというのがOECDの予想だ。この見通しの通りなら来年の韓国の潜在成長率は世界1位の経済大国である米国より低い。OECDにより米国の潜在成長見通しは今年1.8%、来年1.9%だ。延世(ヨンセ)大学経済学部のキム・ジョンシク名誉教授は「米国経済は最近リショアリング(海外進出企業の国内回帰)、生産性革新などでこれまでの停滞状態から抜け出す様相。韓国は規模がはるかに大きい米国経済よりも活力が落ちているということが数値で現れた」と指摘した。

 
米国を除いた主要7カ国(G7)に比べると韓国の潜在成長見通しはまだ高い。だが傾向的に見れば他のG7諸国にも潜在成長率逆転を許容する余地がある。積極的な移民政策で経済活動人口が増加しているカナダの場合、見通しが2021年の1.2%から2024年には1.6%に上がった。

これに対し韓国は潜在成長率が急落している。韓国銀行の韓国経済潜在成長率推定値を見ると、2001~2005年の潜在成長率は年平均5.0~5.2%から、2006~2010年に4.1~4.2%、2011~2015年に3.1~3.2%、2016~2020年に2.5~2.7%と低くなった。2001年以降5年が経過するごとに1ポイント近く下がっている。

◇韓国銀行総裁「景気低迷期は事実、家計負債抑えられなければ金利引き上げ考慮」

2021~2022年は2%前後だが、こうした傾向ならば韓国銀行が発表する今年以降の潜在成長率推定値も1%台に下がる恐れがある。

下落の原因はまず急激な少子高齢化にともなう人口減少が挙げられる。忠南(チュンナム)大学経済学科のチョン・セウン教授は「潜在成長率下落はすでに予想されたことだが、人口要因が最も大きい。超少子化のため生産可能人口が急速に減っており、青年層の雇用率も低い」と話した。チョン教授は「米国の場合、移民者が多く若くて有能な労働者や資本と技術があるブレーンが流入するのに韓国はそうでない状況」と説明した。

2%まで割り込んだ…潜在成長率ショック=韓国(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    2%まで割り込んだ…潜在成長率ショック=韓国(1)

    2023.10.24 07:13
    뉴스 메뉴 보기
    輸出用コンテナが積み上がる釜山南区の戡蛮(カンマン)埠頭全景。ソン・ボングン記者
    TOP