주요 기사 바로가기

「汚染水放出後」初の現場検証…IAEAタスクフォースが訪日へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.07 10:53
0
国際原子力機関(IAEA)職員と国際専門家で構成されたIAEAタスクフォースが今月24-27日に日本を訪問し、福島第1原発汚染水(日本政府の名称「処理水」)海洋放出を検証すると、日本政府が6日明らかにした。

8月24日に汚染水の海洋放出が始まった以降、IAEAタスクフォースが福島第1原発の現場検証をするのは初めて。IAEAタスクフォースには韓国、米国、中国、ロシア、英国、フランス、カナダ、オーストラリア、アルゼンチン、ベトナム、マーシャル諸島出身の専門家11人が参加する。

汚染水の2回目放出終了直後、福島第1原発を訪れて放出関連施設を点検するとみられる。東京電力は前日、福島第1原発汚染水の2回目の海洋放出を開始した。23日まで1回目とほぼ同じ量の約7800トンを放出する予定で、一日の放出量は460トン程度と予想される。

 
現在IAEAはタスクフォースとは別に現場事務所を設置して汚染水放出過程を検証している。現場事務所には韓国政府も専門家を派遣した。

日本政府は「今後ともIAEAへの必要な情報共有を継続するとともに、処理水の取り扱いについて国際社会の理解を醸成していくことに努める」と明らかにした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP