주요 기사 바로가기

韓国長官「自画自賛ではないが…国民の情熱でジャンボリー、よい締めくくり」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.08 11:27
0
「自画自賛することではないが、だからといってジャンボリーをよく終えたことについて、あまりにケチケチした評価にする必要もないのではないか」

行政安全部の李祥敏(イ・サンミン)長官が7日、政府世宗(セジョン)庁舎で開かれた記者懇談会で「2023セマングム世界スカウトジャンボリー」大会の評価を求める質問を受け、このように述べた。セマングムジャンボリーは、不潔なトイレ、不十分な猛暑対策などで国際的に恥をかいた。李長官は「出発と準備はかなり不十分な点が多かったのは間違いない」としつつも「締めくくりはうまくいったと評価する」と述べた。

 
韓国の危機対応能力が輝いたからだという。セマングムキャンプ地の早期退営が決まると、大学など教育機関と企業・宗教界・自治体が宿舎を提供し、プログラムを作った。李長官は「国民が見せた情熱と団結した力があり、初期の至らない点を克服することができた」と述べた。

今回のジャンボリーは、大規模な行事を行った経験が不足している女性家族部が担当した。李長官は「今後は国際大会を開催する力量のある部署が(行事を)主導しなければならない」とし「釜山(プサン)エキスポを誘致したら、ジャンボリーを反面教師とし、うまく開催できるだろう」と述べた。

ジャンボリー問題の収拾の際、地方自治体が使った予算に対して李長官は「国費で補填するのが原則」とし「今年の秋夕(チュソク、中秋節)前に精算を完了する」と述べた。ジャンボリー大会の過程で自治体が使ったお金は約150億ウォン(約16億5000万円)だ。

李長官は地方均衡発展のための地方時代と災害安全分野を核心課題に挙げた。李長官は「地方均衡発展は未来の世代のために重要」とし「(災害安全は)長官在任中に対応パラダイムを変えたいという願望がある」と述べた。行政安全部(行安部)は最近、組織改編で地方時代業務を担当する次官補を新設した。李長官は地方消滅を防ぐため、雇用と教育を核心軸として挙げた。また、「一流大学全体が地方に移転する必要はないが、単科大学は十分に移転可能だろう」と述べた。

李長官は梨泰院(イテウォン)惨事の遺族に会う用意があるのかという質問に「提案し続けている」とし「事実上、遺族が私と会うのを断っている状態」と述べた。李長官は、犠牲者を記憶する追悼空間を作って再発を防ぐことが重要だと強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国長官「自画自賛ではないが…国民の情熱でジャンボリー、よい締めくくり」

    2023.09.08 11:27
    뉴스 메뉴 보기
    「2023セマングム世界スカウトジャンボリー」早期撤収日の8日午前、全羅北道扶安郡ジャンボリーキャンプ地で参加者が撤収の準備をしている。チャン・ジョンピル・フリーランス記者
    TOP