주요 기사 바로가기

IAEA「福島産の魚は安全」…韓国「輸入禁止は放流と別個」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.07.06 07:05
0
日本の福島汚染水放流問題と関連し韓国など周辺国が敏感になる理由のひとつは食品安全問題だ。国際原子力機関(IAEA)の4日の最終報告書は福島産水産物の安全性に「大きな問題はなかった」と結論を下した。

IAEAの報告書には東京電力が1日平均190グラムと魚を多く食べる日本人を代表に選定して放射能影響評価を進めた結果が載せられた。乳児(97グラム)・嬰児(39グラム)もやはり平均より多く食べる事例を基準として放射能の影響を測定した。IAEAは「『水産物摂取による影響はわずかだった』という日本側の結論は国際基準に合致する。魚を多く食べる成人基準で放射線年間有効線量は最大0.000032ミリシーベルト水準で、東京電力が年間放射能制限の線とする0.05ミリシーベルトよりはるかに低い」と明らかにした。

普通胸部エックス線撮影をする際にさらされる放射線量は0.01~0.04ミリシーベルト、自然状態では年間3ミリシーベルト程度被ばくするという。IAEAはヒラメとカニ、海草類に対する放射能の吸収線量調査でも「1日最小吸収線量の1ミリグレーより大きく低かった」という日本側の主張が妥当だとみた。

 
韓国政府は「汚染水放流と水産物輸入禁止は別個」という立場だ。韓国原子力安全委員会と海洋水産部などは4日の会見で「2013年の輸入規制は2011年の福島事故当時に放出された放射性物質の潜在的リスクが相変わらずだということに基づいたもの。これは日本政府が計画した未来の汚染水放流と無関係なことで、輸入禁止措置は維持される」と明らかにした。世界貿易機関(WTO)も2019年に福島産水産物の安全性の有無とは別個で韓国が自国民の健康などを総合的に考慮して輸入禁止措置を取ったのは正当だと結論を下した。

日本政府は汚染水放流に向けた客観的土台は用意したが韓国・中国だけでなく自国内でも提起される懸念の声を乗り越えなければならないという課題を抱えることになった。これに先立ち中国外交部は「日本が独断的に汚染水を放出すればあらゆる結果を甘受しなければならない」として報復の可能性まで暗示した。韓国と太平洋島嶼国も汚染水の安全性問題を提起している。

日本の漁民も一部否定的な反応を見せている。福島県の漁師、三春智弘さんは5日、毎日新聞に「国が処理水の安全性を強調するために(IAEAの報告書を)必要としているのだろう。だが、私たちを納得させるのが先ではないか」と話した。CNNも汚染水海洋放流が始まれば福島の漁業が再び萎縮しかねないという現地漁民の懸念を伝えた。

環境団体などでは「IAEAが日本の国際的影響力を考慮して偏向した結論を下したのではないのか」として日本のIAEA財政分担金寄与度を取り上げたりもする。しかしIAEAが公開した資料を見ればIAEA分担金の割合が高い国は米国が25.1%、中国が14.5%、日本が7.7%の順だ。韓国は2.5%ほどだ。

IAEAのグロッシ事務局長は5日に福島県いわき市の汚染水対策行事で「処理水の最後の1滴が安全に放流される時までIAEAは福島にとどまるだろう」と話したと共同通信が報道した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    IAEA「福島産の魚は安全」…韓国「輸入禁止は放流と別個」

    2023.07.06 07:05
    뉴스 메뉴 보기
    韓国は2011年福島原発事故以降、周辺8県の水産物28種類の輸入を全面的に禁止してきた。[写真 ピクサベイ]
    TOP