주요 기사 바로가기

中国「台湾問題に口出し」 韓国「外交欠礼」大使呼んで抗議

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.04.21 06:42
0
中国外交部は20日、「力による台湾海峡の現状変更に反対する。台湾問題は北朝鮮問題と同じグローバルイシュー」と述べた韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の19日のロイター通信とのインタビュー発言に関連し、台湾問題に対して「他人が口出しすることは許さない」として激しく批判した。外交部は直ちに「深刻な外交欠礼」として反論した。中国外交部の汪文斌報道官はこの日の定例会見で「台湾問題は純粋に中国人自身のこと」と明らかにした。

汪報道官は「世界には一つの中国だけがあり、台湾は中国領土の不可分の一部」とし「台湾問題は中国の内政であり中国の核心利益のうちでも核心」と強調した。

「口出し」表現は、今年2月に「台湾海峡有事の際には韓半島(朝鮮半島)安定を維持しなければならない」と述べた韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官のCNNインタビュー発言に対して、中国外交部の毛寧報道官がコメントした表現と同じように四字熟語「不容置喙」を使った。「不容置喙」は清国の作家である蒲松齢の小説に登場する言葉で、相手の干渉を許さないという意志が込められた表現だ。強い語調で相手を批判する時に主に使う表現だが、一国の首脳に使ったのは異例だった。

 
直ちに韓国外交部報道官室は「口に出すことも憚られるような発言」としながら「中国という国の品格を疑わざるを得ないような深刻な外交的欠礼であることを指摘しないわけにはいかない」と強く反発した。一国の外交部報道官が相手国の首脳に対して強い言葉を使ったことは外交的に容認することが難しいだけでなく、相互尊重と互恵を追求する韓中関係の基本原則にも合わないという認識に立ち、韓国外交部も強い論調を採択したという。

汪報道官はまた、韓半島問題と台湾問題は異なると主張した。汪報道官は「北朝鮮と韓国はどちらも国連に加入している主権国家で、韓半島問題と台湾問題の性質や経緯は全く異なっており、根本的に比較できない」とし「韓国は中韓修交共同声明の精神を確実に順守し、『一つの中国』原則を厳守し、台湾問題を慎重に処理するよう希望する」と述べた。

韓国外交部当局者は「台湾海峡の平和と安定は、我々はもちろん地域・国際平和・繁栄に重要なため、このような脈絡で言及したこと」としながら「韓国政府は一つの中国を尊重する立場を維持している」と述べた。南北関係の重大懸案である北核問題が国際的安保懸案になったことと同じように、両岸葛藤も最近中国の台湾周辺軍事訓練に対する国際的な懸念と関心からも分かるように、国際的な問題になった現実を取り上げたにすぎず、「一つの中国」に意見を提起したわけではなかったというのが韓国側の説明だった。

韓国外交部はこの日夕方、張虎鎭(チャン・ホジン)第1次官がケイ海明・駐韓中国大使を招致して汪報道官の発言に対して強く抗議したと明らかにした。長・次官はケイ大使に「汪報道官の無礼な発言は外交的欠礼だと指摘し、両国の関係発展に今回の事件が不必要な支障を与えないように努力するべきだ」と述べたと韓国外交部は伝えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国「台湾問題に口出し」 韓国「外交欠礼」大使呼んで抗議

    2023.04.21 06:42
    뉴스 메뉴 보기
    駐韓中国大使のケイ海明氏。
    TOP