주요 기사 바로가기

「野党、無条件反日の無責任」「現政権、日本の手下の道」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.03.20 07:56
0
大統領室が19日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の最近の訪日に関連し「外交というものが相手の心を開いて状況を変えることなら、今回の訪日外交は大きな成功だ」と評価した。

李度運(イ・ドウン)報道官は記者会見で「韓日関係を未来志向的に転換する重要な出発点になったという評価が韓日両国はもちろんで国際社会でも共通して出ている」とし、このように述べた。続いて「尹大統領一行が宿泊した東京のホテルの職員と地域の住民が異例にも拍手を送った」とし「この程度なら日本人の心を開くのにある程度成功したのではないだろうか」と話した。さらに「韓国政府が韓日関係で相対的に有利な位置に立ち、国際関係でも主導的な位置を占める雰囲気が形成された」と強調した。

大統領室の関係者は「尹大統領が政治を始める時から『支持率が1%まで落ちてもやるべきことはする』と話していたのが韓日関係の正常化だ」とし「政治理念論争でなく国益拡大を通して国民的な支持を引き出すというのが尹大統領の以前からの信念」と伝えた。

 
しかし最大野党の共に民主党は韓日首脳会談結果をめぐり批判を強めている。李在明(イ・ジェミョン)民主党代表は18日、ソウル市庁広場で開かれた「対日屈辱外交糾弾汎国民大会」に参加し、「尹錫悦政権は結局、日本の手下になる道を選択した」とし「贈り物の風呂敷をたくさん持って行ったが、帰り道は手ぶらでなく請求書をたくさん持ってきた」と主張した。民主党「対日屈辱対策委員会」は20日に会談を評価する緊急座談会も開くことにした。民主党の「親日」攻勢は回復に向かう党の支持率に自信を得た結果と解釈される。

民主党が「反日」感情を刺激して世論戦で効果を得た中、与党からも懸念が出ている。国民の力指導部の関係者は「韓日問題はあまりにも敏感であるため、大統領室と党が袋叩きにあうかもしれない」とし「韓日首脳会談に対する見方が反映される世論調査が20日から出てくるが、週の序盤に最大限の善戦をしてこそ党は不覚を取らないだろう」と話した。

実際、金起ヒョン(キム・ギヒョン)国民の力代表はフェイスブックに「李代表と民主党の無責任な国内政治用『無条件反日』という態度は国益に損失をもたらすだけだ」とし「未来のための尹錫悦政権の果敢で大乗的な決断にこれ以上冷や水を浴びせてはいけない」とし、民主党の世論戦を遮断することに注力した。

最大限に姿勢も低める姿もあった。朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表はソウル三清洞(サムチョンドン)首相公館で開かれた高位政府・与党協議会の冒頭発言で「国民感情上、日本政府の反応は不足している点がなくない」とし「国際協定と国際法を優先するしかない外交舞台の現実を国民が理解することを望む」と述べた。政府・与党は協議会で「ホワイト国」(輸出管理優遇対象国)の原状回復のための法令改正など韓日首脳会談の後続措置も迅速に進めることにした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「野党、無条件反日の無責任」「現政権、日本の手下の道」=韓国

    2023.03.20 07:56
    뉴스 메뉴 보기
    19日、ソウル三清洞(サムチョンドン)首相公館で開かれた第8回高位政府・与党協議会で記念撮影をする国民の力の朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表、金起ヒョン(キム・ギヒョン)代表と韓悳洙(ハン・ドクス)首相、秋慶鎬(チュ・ギョンホ)経済副首相(左から) チャン・ジンヨン記者
    TOP