주요 기사 바로가기

代表チームの監督がいない韓国野球…3万8900キロの移動で疲労

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.03.15 10:18
0
Kリーグのプロサッカーチーム監督がブラジルワールドカップ(W杯)を控えて韓国代表監督職を兼任する。監督は所属チームと代表チームの練習を同時に指揮しなければいけない立場だ。このため代表チームのキャンプを所属チームのキャンプ地と同じトルコでする。2週間ほど練習した後、アルゼンチンに移動して練習試合をし、大会開幕5日前に決戦地のブラジルに入る。

ブラジルでW杯が開催されるが、トルコでキャンプをするという、このような非常識なことがあるだろうか。仮想のシナリオではあるが、サッカー界では想像もできないことだ。しかし2023ワールドベースボールクラシック(WBC)開幕を控えて、韓国野球代表チームではこのような状況が生じた。もちろん場所は異なるが、似た状況だ。

韓国代表選手は2月1日に所属チームで練習を始めた。そして2月15日に米アリゾナ州ツーソンに集まった。2週間ほど練習した後、韓国に戻って高尺(コチョク)ドームで練習試合をした。そして3月4日に大阪に移動した。6、7日に日本プロ野球チームと練習試合をした後、9日に東京でオーストラリア戦に臨んだ。

 
特に斗山ベアーズのキャンプ地オーストラリア・シドニーで練習をしていた梁義智(ヤン・ウィジ)は、WBC開幕前にシドニー→ソウル→アリゾナ州ツーソン→ロサンゼルス→ソウル→大阪→東京と移動した。代表チームの招集序盤にコンディションが良くなかったは当然だ。時差に適応できず立って寝たという話も聞こえる。

このような非常識なことが生じた理由はただ一つ、プロ野球KTウィズの李強チョル(イ・ガンチョル)監督が代表チームの監督を兼ねているからだ。KTは2月にアリゾナでキャンプをした。KTだけでなくキウム・LG・起亜・NC・ハンファなど計6球団がここでスプリングキャンプをした。それで代表チームのキャンプも米国でしようという意見が多かった。しかし予想外にアリゾナ州ツーソンの天気は良くなかった。練習試合が中止になったほか、移動中に飛行機の不具合もあり、日程に支障が生じた。

WBC代表が1次ラウンドで敗退した最初の理由は実力だ。2006年WBCに出場した韓国代表には海外組選手が8人(朴賛浩、具台晟、金炳賢、徐在応、奉重根、金善宇、崔熙燮、李承ヨプ)もいた。今回の代表チームは金河成(キム・ハソン)、トミー・ヒョンス・エドマンの2人だけだった。しかしオーストラリアに勝てない戦力ではなかった。4年前のプレミア12ではメジャーリーガーが1人もいなかったが、オーストラリアに5-0で完勝した。韓国もオーストラリアもエントリーはそれほど変わっていない。

当時と違うものといえばコンディションの差だ。プレミア12はKBOリーグが終わった後、韓国で1次ラウンドを行った。韓国選手はシーズン後だったため、試合感覚まだ続いていた。今回は逆のケースだ。オーストラリア代表チームはシーズンが終えた2月、日本に集まって現地練習をした。試合感覚が良いはずだ。

しかし韓国選手、特に投手らは状態が良くなく、本来の実力を発揮できなかった。高佑錫(コ・ウソク)は1球も投げることができなかった。梁埈赫(ヤン・ジュンヒョク)解説委員は「暖かい沖縄や福岡で練習していればコンディションは上向いていただろう」と話した。

このためまた代表監督制を導入しようという意見が説得力を得ている。プロチームと代表チームの監督を併行するのではなく、代表チームだけを担当する監督であれば、日本で代表チームのキャンプをしていたはずということだ。

1998年バンコクアジア競技大会以降、野球代表チームは前年度優勝チームの監督または経験豊富な指導者が指揮した。しかしホームで開催された2017WBCで1次ラウンド敗退となった後、代表チーム監督制を導入した。その結果、宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督と金卿文(キム・ギョンムン)監督が代表監督として韓国代表チームを率いた。

しかし代表監督制は5年で消えた。一部の国会議員は、2018アジア競技大会で韓国が金メダルを獲得したにもかかわらず宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督を国政監査に呼び出して恥をかかせた。そして2021年東京五輪で韓国がノーメダルに終わると、翌年の2022年から代表監督制を廃止した。年俸(2億-3億ウォン)に比べて代表監督の役割が少ないという論理だった。

結局、今回のWBCでは李強チョルKT監督が代表チーム監督を兼任した。一部では、Aマッチだけでも年間10試合以上するサッカー代表とは違い、野球代表は国際大会が少なく代表監督は必要ないという声がある。しかし今年だけでも10月の杭州アジア競技大会に続いて、アジアプロ野球チャンピオンシップ(APBC、11月)が開催される予定だ。来年はプレミア12が、3年後にはWBCが開かれる。五輪では2008北京大会を最後に野球が「核心種目」から抜けた。2024パリ五輪では野球競技がない。しかし2028年ロサンゼルス五輪では開催国の権限で野球が含まれる可能性が高い。

2015年から代表監督制を導入した日本は毎年オーストラリア・台湾・メキシコなどと評価試合をする。イ・スンチョル解説委員は「日本との交流戦や他国チームとの親善試合をもっと増やすべきだ」と話した。

韓国野球が国際大会で好成績を出すためには、選手たちの実力を高める一方、体系的な代表チームシステムを構築することが必須だ。代表監督制がその第一歩となる。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    代表チームの監督がいない韓国野球…3万8900キロの移動で疲労

    2023.03.15 10:18
    뉴스 메뉴 보기
    2023WBCに出場した韓国野球代表 [写真 WBC]
    TOP