주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>韓国代表チーム主治医「孫興ミン、ドーピング心配してタイレノールでこらえた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.09 10:08
0
2022カタールワールドカップ(W杯)韓国代表チームの主治医ワン・ジュンホ・サムスンソウル病院整形外科教授が孫興ミン(ソン・フンミン)の健康状態に言及し、「意志が強く、引き止めるのが難しかった」と明らかにした。

ワン教授は8日、YTN番組「ニュースライダー」に出演し、大会前の孫興ミン(ソン・フンミン)の眼窩底骨折について伝えた。

ワン教授は「普通、手術後には2、4週間ほど麻薬性鎮痛剤や強い薬を使う」とし「ところが(孫興ミンは)ドーピングと薬物検査を考慮して手術当日の麻酔中に一度だけ使用し、その後は鎮痛剤のうち最も弱いタイレノール系統の薬だけで痛みをこらえて過ごした」と説明した。

ワン教授は「孫興ミンは頬骨4カ所に骨折があり固定する手術を受けた」とし「手術はうまくいき、眼科教授も複視(物が二重に見える現象)のような後遺症を心配していたが、幸い、症状なく回復したようだ」と伝えた。

孫興ミンは手術から3週間も経たないうちにグラウンドに立った。これについてワン教授は「孫興ミンの意志が強く、国民のことを考える気持ちも強かったので、引き止めるのが難しかった」とし「孫興ミンに尋ねたが、幸い、プレー中に痛みはなかったと聞いた」と伝えた。孫興ミンはW杯の試合中、フェイスガードを外す場面もあった。

ワン教授は「手術から3週も経っていないのに試合をするというのは話にならない。ヘディングをした時にはヒヤッとしたが、問題もなく終わってよかった」とし「今は後遺症がなくても、時間がある時に眼科に行ってもう一度点検するのがよい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>韓国代表チーム主治医「孫興ミン、ドーピング心配してタイレノールでこらえた」

    2022.12.09 10:08
    뉴스 메뉴 보기
    孫興ミン。キム・ヒョンドン記者
    TOP