주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>169センチのサッカーの神…193センチの壁を越えるのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.08 13:29
0
「2022カタールワールドカップで(W杯)で最も話題になる試合だ」。

米フォーブスは10日午前4時(日本時間)にルサイルスタジアムで行われるアルゼンチン-オランダのカタールW杯準々決勝をこのように紹介した。南米を代表するアルゼンチンと欧州の強豪オランダの対戦は準々決勝の中でも最高のビッグマッチに挙げられる。

今回の対戦はまさに「ダビテとゴリアテ」の戦いだ。アルゼンチン代表のゴールゲッター、リオネル・メッシは身長169センチ、オランダ代表の守備の核心、フィルジル・ファン・ダイクは身長193センチだ。24センチの差がある。

アルゼンチンの武器は矛のように鋭いメッシの左足だ。5回目のW杯舞台となるメッシは依然として優れたゴール感覚を誇っている。メッシは4日に行われたオーストラリアとの16強戦で先制ゴールを決め、チームの勝利(2-1)に貢献した。35歳のメッシは最前方と中盤を行き来するフリーロールだ。試合の多くの時間は歩いている。全盛期のような爆発的な全力疾走はない。守備に加担することもほとんどない。しかしゴールのにおいをかいだ瞬間、目つきと動きが変わる。ゆっくりと動きながら状況を眺めているが、チャンスになれば瞬間的に加速して相手選手をかわし、正確なシュートでゴールを決める。まさに「ワンショットワンキル」のキラー本能だ。オーストラリア戦で個人通算W杯本大会9得点目をマークしたメッシは、自身の偶像でありアルゼンチンの「サッカー英雄」ディエゴ・マラドーナの記録(8得点)を超えた。

しかしメッシの目標は別にある。生涯初のW杯優勝だ。所属チームでは多くの優勝トロフィーを獲得して「サッカーの神」になったが、W杯での活躍は少ない。最高記録は2014年大会の準優勝だ。何よりも5回目出場となった今大会は事実上、自身最後のW杯だ。1986年メキシコW杯でアルゼンチンに優勝カップをもたらしたマラドーナのようにメッシも皇帝戴冠式を夢見ている。

ファン・ダイクはメッシが越えなければならないヤマだ。身長193センチ、体重92キロのファン・ダイクは現在、欧州最高のDF選手に挙げられる。FW選手との力争いでほとんど負けない。動きも速い。スピードが武器のフランスの特級FWキリアン・ムバッペもファン・ダイクの前では力を十分に発揮できないほどだ。さらにパス能力とリーダーシップまで優れていて「完成型DF選手」という評価を受けている。

ファン・ダイクは今回が初めてのW杯舞台となる。2014年に初めてオランダ代表に選ばれた後、「メジャー大会不運」ジンクスに苦しんだからだ。2016年欧州サッカー選手権(ユーロ2016)、2018ロシアW杯ではオランダが予選で敗退し、ユーロ2020は負傷で抜けた。ファン・ダイクは今回のW杯で安定した守備を見せ、チームの無敗行進を支えている。オランダはグループリーグを2勝1分けで1位通過した。オランダは今までW杯で準優勝3回(1974・78年、2010年)だ。2014ブラジルW杯4強ではPK戦の末、メッシがいるアルゼンチン代表に敗れた。

ファン・ダイクがメッシを越えなければいけない理由がある。母に報いるためだ。スリナム系オランダ国籍のファン・ダイクは母への愛情が強い。ファン・ダイクはスリナム出身の母の下で育った。16歳まで飲食店で時給4000ウォンを受けて皿洗いをした。

ファン・ダイクは「私とメッシの対決ではない。オランダとアルゼンチンの勝負だ。私一人で勝つことはできない。力を合わせて勝つ方法を考える」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>169センチのサッカーの神…193センチの壁を越えるのか

    2022.12.08 13:29
    뉴스 메뉴 보기
    アルゼンチンのメッシ(左)。キム・ヒョンドン記者
    TOP