주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>4ゴール入れて監督までダンスのブラジル…サッカーレジェンドも「韓国を侮辱」と鋭い指摘

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.06 10:16
0
ブラジルサッカー代表がゴール4本を奪いながらも得点のたびにダンスを踊り相手チームに対する礼儀がないという批判を受けると、ブラジル代表の監督は「相手チームの気分が悪くする意図は全くなかった」と言って了解を求めた。

パウロ・ベント監督率いる韓国サッカー代表は6日午前4時(日本時間)、カタール・ドーハのスタジアム974で開催された2022カタールワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で国際サッカー連盟(FIFA)ランキング1位のブラジルに1-4で敗れて脱落した。韓国のW杯史上初の遠征8強進出の挑戦もここでストップした。

ブラジル選手はこの日、ゴールを決めた後、ゴールキーパーのアリソンを除いたフィールドプレーヤーが1カ所に集まって祝い、その後もダンスパフォーマンスを続けた。

ビニシウスは先制ゴールを入れてパケタ、ネイマール、ラフィーニャと一緒に踊った。ネイマールのペナルティーキックの後にもこの4人組は再登場した。リシャルリソンは3本目のゴールを決めた後にベンチに駆け寄ったが、この時ベンチメンバーとチチ監督までダンスパフォーマンスに合流した。

外信はこれについて「相手チームに無礼な行動」と言って批判した。監督がダンスパフォーマンスを行うのは珍しいことだからだ。アイルランドのサッカーレジェンド、ロイ・キーンは「私はこれほど多くのダンスを見たことがない」と言って不快な表情を作った。

パケタは4本目のゴールを決めて“ソロステージ”を繰り広げた。「サンバ軍団」の即興性を見せているという評価もあったが、ブラジルのゴールパフォーマンスは誰が見ても侮辱に近い行動だという指摘もあった。

ロイ・キーンは「ブラジルが素晴らしいサッカーをしたのは間違いない。だが、あのような得点パフォーマンスは見たことがない」としながら「本当に嫌だ。あれが文化だと言うが、あれは韓国を無視する行動だ」と突いた。

続いて「4本のゴールを入れて、ゴールを決めるたびにああだ。事実、先制ゴールパフォーマンスはまだ理解することができた。だが、2つ目の得点からはチチ監督も一緒だった。到底理解できない」と話した。

これに対してチチ監督は「チームが一つになるためには全体的なチームの雰囲気に溶け込まなければならない。選手たちが踊ることや冗談を言うことなどにも慣れなければならなかった」とし「彼らがすれば私も最大限やってみようという状況で行われたこと」と説明した。

続いて「監督である私があのような行動を取ったので誤解した人もいたと思う」とし「チームが結果を出した時という肯定的な部分だけを受け入れてほしい」と付け加えた。

ブラジルメディアも韓国選手を見下す意味ではないと説明した。ブラジルメディア「オジョゴ」は「W杯以前もブラジル選手は得点するとゴールパフォーマンスとして踊っていたことを知っておいたほうがいい」と伝えた。

現地メディア「テラ」は「ブラジル選手はビニシウスが経験した人種差別に抗議するために踊ることにした」と言及した。

スペイン・プリメアリガのレアル・マドリードでプレーしているビニシウスはダンスのせいで思わぬ論争に巻き込まれた。今シーズン、ビニシウスは得点後によくダンスを踊りながら喜びを表現した。しかしスペインでは相手を嘲弄する行為として受け止められた。スペインのあるエージェントは彼を狙って「スペインでは相手を尊重しなければならず、猿のようにふるまってはいけない」と非難し、人種差別論争に発展した。

ブラジルは2018年W杯ロシア大会準優勝チームのクロアチアと8強で激突することになる。クロアチアはこの日、日本と1対1で引き分けた後、PK戦の接戦の末に3-1で勝利を収め、8強に駒を進めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>4ゴール入れて監督までダンスのブラジル…サッカーレジェンドも「韓国を侮辱」と鋭い指摘

    2022.12.06 10:16
    뉴스 메뉴 보기
    5日(現地時間)、974スタジアムで2022カタールW杯16強戦、韓国-ブラジル戦が行われた。ネイマールがPKを決めて喜んでいる。 キム・ヒョンドン記者
    TOP