주요 기사 바로가기

「スーパードル」停滞…韓国ウォン、一日で19.1ウォン値上がり 4カ月ぶり高値

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.02 08:22
0
「1ドル=1299ウォン」。しばらくウォン安ドル高が続いていたが、4カ月ぶりに1ドル=1300ウォンを割って1200ウォン台まで値を戻した。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が利上げ速度の調節を公式化し、グローバル投資心理が改善した影響だ。安全資産に挙げられる米ドルは値下がりに転じている。

1日のソウル外国為替市場で、韓国ウォンは前営業日(1ドル=1318.8ウォン)比19.1ウォン値上がりした1ドル=1200.7ウォンで取引を終えた。終値基準で1ドル=1300ウォンを割ったのは8月5日(1ドル=1298.3ウォン)以来。韓国ウォンは今年の最安値だった9月28日(1ドル=1439.9ウォン)と比較すると9.7%(140.2ウォン)も値上がりした。

ウォンが値上がりしたのは「スーパードル」(ドル高)が落ちつき始めた影響が大きい。1日午後3時30分基準(日本時間)で、主要6通貨に対するドルの価値を示すドルインデックス(1973年=100)は105.53だった。1カ月前(111.48)より5.3%下落した。

これは利上げの速度調節を公式化したパウエル議長の発言のためだ。さらに中国政府のゼロコロナ政策緩和の兆候もドル安要因として作用する。

一方、パウエル議長が発言を受け、この日のKOSPI(韓国総合株価指数)は取引開始と同時に3カ月ぶりに2500台まで上昇したが、韓国の輸出減少と週末の米国の経済指標発表への警戒感から上昇幅は縮小した。この日、KOSPIは前日比0.30%上昇の2479.84、KOSDAQは1.52%上昇の740.60で取引を終えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「スーパードル」停滞…韓国ウォン、一日で19.1ウォン値上がり 4カ月ぶり高値

    2022.12.02 08:22
    뉴스 메뉴 보기
    ドル
    TOP