주요 기사 바로가기

韓国人86%「私は乙」…「“親チャンス”や学縁があってこそ成功できる」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.01 12:08
0
研究院は「パンデミック以降の不動産急騰と経済不況が親世代の認識を変えた」として「親世代より資産蓄積が難しいという現実を反映し、大人になった子どもでもより長い期間支援するという親が増えた」と分析した。

社会と職場での公正性も低くなる傾向だ。「韓国社会で公正性が守られている」という回答は2018年2.93点(5点満点)から2022年2.79点に落ちた。「業務成果に対して公正な評価が行われる」という回答も2018年3.14点から2022年2.91点に低くなった。

職場での昇進のためにも能力よりは外部要因が重要だという認識が高まっている。昇進を妨げる要因が「能力不足」のためだという回答は2018年40.8%から2022年30.4%に落ちた。反面、「地縁と学縁」は20.1%から24%に増えた。

公正性を評価する際、他人には厳しく、本人には甘い傾向が目立った。「周りの人たちが職場で公正に仕事を処理するのか」という質問の肯定点数は2018年4.41点(7点満点)から2022年4.17点に減った。反面、「自分は公正に仕事を処理する」という質問項目は4.81点から5.11点に高まった。

中央(チュンアン)大学社会学科のイ・ビョンフン教授は「コロナ禍時期に不動産価格が大きく上昇し、貧富の格差が大きくなることで社会全般の信頼水準が悪化したとみられる」とし、「『スプーン階級論』が公正性認識、親の援助水準、労働価値認識の変化に広く影響を及ぼした」と話した。イ教授は「教育格差が就職と未来の所得に影響を及ぼすだけに、幼稚園・小学校の段階から国家が早期に介入し、私教育を受ける子どもとそうでない子どもの差を積極的に補正する必要がある」と話した。

韓国人86%「私は乙」…「“親チャンス”や学縁があってこそ成功できる」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP