주요 기사 바로가기

【社説】通貨緊縮は続ける一方で、これからは速度調整を苦心する時=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.17 11:19
0
昨日、インドネシア・バリ島で閉幕した主要20カ国(G20)サミットで各国中央銀行が実施している緊縮的通貨政策の速度を調整する必要性が取り上げられた。米国・英国・欧州連合(EU)・カナダなど主要国はこれまで物価を抑えるために急いで基準金利を引き上げてきた。韓国もこの国々と歩調を合わせて金利を引き上げた。2007年以降金利を引き上げずに緩和的な通貨政策を維持している日本や戦争などの自国の事情によりむしろ金利を引き下げたロシアやトルコなどの例外があったが、概して全世界の通貨政策で緊縮の流れが強かった。

韓国に最も大きな影響を及ぼす米国の通貨緊縮が一段落落ち着く見通しだ。米連邦準備制度(FRB)ジェローム・パウエル議長が今月初め「ゆっくり、しかし高く長く」緊縮を続けると明らかにしたことに続き、FRBのナンバー2であるブレイナード副議長も最近利上げ速度が遅くなると予告した。4回連続で金利を0.75%ポイントずつ引き上げたFRBが、今年最後に金利を調整する来月には利上げ幅を若干減らして0.50%ポイントだけ引き上げるだろうという見方が多い。物価上昇の勢いもやや停滞しているようで負担も一段と軽くなった。

もちろん米国が速度調整を切り出したが、緊縮の流れは依然として続き、金利はさらに長い間さらに高く維持されるとFRBは公言した。フィナンシャル・タイムズ(FT)のコラムニスト、マーティン・ウルフ氏も昨日「中央銀行は断固として行動するのが正しい」として「中央銀行が物価戦争をあまりにも早くあきらめるのが最悪」と書いた。苦しくても物価を抑えるのが依然として最優先政策目標ということだ。

自国統計だけに気を使うFRBと韓国通貨当局の悩みが同じではない。米国との金利差が大きくなれば、資本流出が懸念され、外国為替市場の不安も気にしなければならなかった。1870兆ウォンに迫る家計負債に押されているため、金利が上がるほど利子負担が大きくなる。住宅担保ローンの変動金利の基準となる資金調達費用指数であるCOFIXが過去最高水準である4%に迫り、住宅担保ローンの変動金利の上段が年7%を超えた。幸いなことに、最近外国為替市場が安定しているという点だ。1ドル=1300ウォン(約135円)台前半で推移しており、当局の負担がやや減った。

来週24日、韓国銀行金融通貨委員会が今年最後の金利を決定する。通貨緊縮の手綱を堅く維持する一方で、われわれも速度調整が必要なのか検討する時になった。今年より厳しい来年の経済と金利高による債券市場の不安をよく見極める必要がある。信用収縮と金融安定を強調した一部の金通委員の発言に注目する。金融通貨委員会が時間をかけて現れる相次ぐ利上げ効果を冷静に問い詰め、賢明な判断を下すことを期待する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP