주요 기사 바로가기

米FRB、3回連続「ジャイアントステップ」…韓米金利が1カ月ぶり再逆転

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.22 07:39
0
米国連邦準備制度理事会(FRB)が21日(現地時間)、予想通り政策金利をまた0.75%引き上げた。FRBはこの日、連邦公開市場委員会(FOMC)定例会議後に出した声明で、政策金利を6月と7月に続いて0.75%引き上げると明らかにした。これを受け、政策金利は従来の2.25~2.50%から3.00~3.25%に引き上げられた。これは2008年1月以来14年ぶりの最高水準だ。FRBは3月の0.25%引き上げをはじめ、今年だけで5回も金利を引き上げた。1990年以来最も攻撃的な利上げという評価だ。

今回のジャイアントステップ(一度に政策金利0.75%引き上げ)は、13日の消費者物価(CPI)発表(8.3%)後から市場で予想されていた。6月に9.1%まで上がった物価上昇率が7月(8.5%)以降は低下するとみられたが、予想よりも深刻な水準という評価が出てきた。さらに8月の非農業部門雇用者数(31万5000人増)が市場の予想をやや上回り、失業率が3.7%と労働市場が良好である点も、FRBの決断の背景に挙げられる。FRBは今後も利上げを続ける見通しだ。

FOMC委員の政策金利見通しを表すドットチャートでは今年末の金利水準が4.4%と予想されている。これは6月の3.4%より引き上げられた数値だ。またドットチャートでは来年末の金利予測値が4.6%と、6月(3.8%)に比べ0.8%上方修正された。こうした攻撃的の利上げ見通しはインフレ予測と重なる。

FRBは今年末の物価上昇率予測値を5.2%から5.4%へと、6月(5.2%)より上方修正した。半面、今年の米国経済成長率予測値は従来の1.7%より1.5%低い0.2%と提示した。

FRBのパウエル議長はこの日、FOMC定例会議後の記者会見で「物価上昇率が(FRB目標値の)2%に向かって下がっていると確信するまでは利下げを考慮しない」とし、当分は高い水準の金利を維持するという立場を明らかにした。

一方、今回の引き上げで米国の政策金利は3.00~3.25%に上がることになり、また韓国(2.25%)を上回ることになった。韓国銀行(韓銀)は8月、米国の政策金利(2.25~2.50%)に合わせて0.25%の利上げをした。

韓国の金利が1カ月ぶりに再逆転されたことで、韓銀金融通貨委員会も今年の残り2回(10月、11月)の通貨政策方向会議でともに政策金利を引き上げると予想される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米FRB、3回連続「ジャイアントステップ」…韓米金利が1カ月ぶり再逆転

    2022.09.22 07:39
    뉴스 메뉴 보기
    米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長
    TOP