주요 기사 바로가기

韓国検察、李在明代表に召喚通知…政局は台風の中へ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.02 07:22
0
共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)代表に向かった検察捜査が本格的に開始され、政局が揺れ動いている。李代表は柏ヒョン洞(ペッキョンドン)・大壮洞(テジャンドン)開発優遇疑惑に関連した虚偽事実公表の疑いで1日午前検察から「9月6日午前10時までソウル中央地検に出席せよ」という召喚通知を受けた。先月28日民主党代表に選出されて4日ぶりだ。大統領選候補出身の第1野党代表が検察のフォトラインに立つのはきわめて珍しいことだ。民主党は「政治報復」としながら強く反発し、国民の力は「捜査をきちんと受けよ」として圧力をかけた。与野党の対立政局が深刻化するだろうという見通しも出ている。

検察が問題にするのは大きく2つだ。検察はまず昨年10月20日民主党大統領選候補だった李代表が京畿道(キョンギド)国政監査に京畿知事資格で出席し、柏ヒョン洞の韓国食品研究院敷地の用途変更特典疑惑に関連して虚偽事実を公表した疑い(公職選挙法違反)について調査する予定だ。李代表は当時「(城南(ソンナム)市長時代だった2015~2016年)国土交通部が脅迫してやむを得ず用途変更を行った」としたが、国民の力はこれを虚偽だと告発した。

また、検察は李代表が昨年12月インタビューで大壮洞開発優遇疑惑関連の捜査を受けている中で自ら命を断った故キム・ムンギ前城南都市開発公社開発第1処長に対して「城南市長在職時代には知らなかった」としたことに対しても虚偽事実公表(公職選挙法違反)の疑いで調査する方針だ。

検察が求めた出席の有無に関連して李代表側の核心関係者は中央日報に「まだ決定されたのはない」と話した。

李代表が1日午後、国会本会議場で検察の召喚通知事実を伝えてきたメールを読む場面が捉えられたりもした。取材団のカメラに撮られた携帯電話の画面では最側近参謀であるキム・ヒョンジ(前京畿道庁秘書官)補佐官がテレグラムのメッセンジャーを通じて「柏ヒョン洞虚偽事実公表、大壮洞開発関連虚偽事実公表、キム・ムンギ(元処長を)が知らなかったといったことに関連して議員の出席要求書がたった今届きました。戦争です」と送った文字が記されていた。

キム補佐官は李代表が2000年代初期城南地域の市民団体で活動する時から縁を結んだ代表的最側近だ。李代表が6・1補欠選挙で国会入りし、議員室4級相当の補佐官に任用された。

キム補佐官をはじめ、参加者8人で構成されたテレグラムのチャットルームの名前は「818号」で、李代表の国会議員会館事務室番号を意味するとみられる。

韓国検察、李在明代表に召喚通知…政局は台風の中へ(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国検察、李在明代表に召喚通知…政局は台風の中へ(1)

    2022.09.02 07:22
    뉴스 메뉴 보기
    共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)代表
    TOP