주요 기사 바로가기

韓国軍将校、韓米合同演習で初めて全日程を指揮…「戦時作戦統制権転換」5合目越えるか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.24 16:54
0
韓国軍の4つ星将校である韓米連合司令部副司令官が22日に始まった韓米合同演習「乙支(ウルチ)フリーダムシールド」を総指揮することが明らかになった。韓米連合司令官と国連軍司令官を兼職する在韓米軍司令官ではなく韓国軍の将軍が合同演習の全日程を指揮するのは今回が初めてだ。

在韓米軍は23日にこうした事実を明らかにし、「昨年12月に韓米国防相が合意した通り今回の演習で任務と責任を転換するもの」と明らかにした。当時両国国防相はコロナ禍などの影響で延期されていた戦時作戦統制権転換に向けた合同作戦遂行能力評価3段階のうち第2段階である完全運営能力(FOC)の検証を今年後半の合同演習で実施することで合意していた。

第1段階である基本運用能力(IOC)、第2段階であるFOC、第3段階である完全任務遂行能力(FMC)検証で構成された合同作戦遂行能力評価3段階は韓国軍が未来連合司令部を指揮・運用できる能力を評価するための一種の模擬試験だ。2019年後半期の合同演習を通じてIOCを検証した時は撃退・防衛(1部)、反撃(2部)で構成された2つのシナリオ演習のうち各1日ずつだけ韓国軍が指揮し残りの日程は例年通り米軍が指揮した。

これに対し今回の合同演習期間の8月22日~9月1日に実施するFOCの場合、1部と2部の日程をすべて連合司令部のアン・ビョンソク副司令官が指揮する。これと関連して、ラカメラ連合司令官は「連合司令部副司令官が未来連合司令官として指揮するのは初めてで意味が大きい」と強調した。

一部ではFOC評価が戦時作戦統制権転換日程に大きな影響を及ぼすとみている。だが実状は違う。

韓国政府関係者は「文在寅(ムン・ジェイン)政権ではFOC評価だけ終えれば戦時作戦統制権転換年度をすぐに決定できるかのように宣伝した。実際にはより多くの条件をクリアして韓米が同意してこそ年度を決められる」と話した。その上で「特に現政権が戦時作戦統制権転換に対し、『時期』ではなく『条件』に再び傍点を置き、検証第3段階が大きな意味を持つのは難しくなった」とした。

韓米が合意した戦時作戦統制権転換条件は▽韓米連合防衛を主導できる韓国軍の核心軍事能力確保▽北朝鮮の核・ミサイル脅威に対する韓国軍の初期必須対応能力具備▽戦時作戦統制権転換に合致する韓半島(朝鮮半島)と地域安全保障環境の大きく3種類だ。

このうち未来連合司令部構成に向けた韓国軍指揮部の合同作戦遂行能力評価3段階は事実上細部条件にすぎないと指摘される。核心軍事能力だけでも韓国軍の兵器体系と戦力などを総合的に考慮しなくてはならず、米国がこれを認めるかがカギだ。

特に対北朝鮮監視能力の必須条件である偵察衛星の場合、2030年代になって韓国軍がある程度独自に確保して運用できる点などから、相当期間条件をクリアするのは容易でないという観測も出ている。

戦時作戦統制権転換事情に明るい軍消息筋は「多くの条件も条件だが事実上政府の意志がさらに重要だ。韓半島安保環境を扱った3番目の条件は韓米間の政治的な合意であるだけに結論を出すのは容易でない」と話した。

今回のFOC評価の結果は今秋にワシントンで開かれる韓米安保年次協議会(SCM)の際に両国国防相に報告される予定だ。その後韓米軍当局の実務陣が分析して検証通過の可否を決めることになる。複数の軍消息筋によると、最終結論は来年初めにでも出るものとみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国軍将校、韓米合同演習で初めて全日程を指揮…「戦時作戦統制権転換」5合目越えるか

    2022.08.24 16:54
    뉴스 메뉴 보기
    22日、後半期韓米合同演習の「乙支フリーダムシールド」が始まった。今回の演習の全日程は韓米連合司令部のアン・ビョンソク副司令官が指揮する。写真はこの日指揮所で両国の将兵が演習と関連して対話する様子。
    TOP