주요 기사 바로가기

日本の現職閣僚、靖国神社参拝…韓国外交部「深い失望と遺憾」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.14 08:49
0
日本の西村康稔経済産業相が13日午前、A級戦犯が合祀された靖国神社を参拝した。

共同通信によると、昨年10月に岸田文雄内閣が発足してから現職閣僚が靖国神社を参拝した事実が確認されたのは西村経産相が初めて。

彼は玉串料を私費で納め、「衆議院議員西村康稔」と記帳したと共同通信は伝えた。

西村経産相は参拝後、支持者に「故安倍晋三元首相のことも思いながら、日本の平和と発展のために全力を尽くす決意をした」と話した。

彼は自民党最大派閥である安倍派の所属で、10日の内閣改造で再起用された。

これと関連し韓国外交部はこの日「韓国政府は日本の過去の侵略戦争を美化し戦争犯罪者を合祀した靖国神社に日本政府の閣僚が参拝したことに対し深い失望と遺憾を表わす」という立場を明らかにした。

岸田内閣発足後、昨年秋と今年春に例大祭があったが当時は岸田首相と閣僚のうち靖国神社を参拝した人はいなかった。

靖国神社には東条英機をはじめとする太平洋戦争のA級戦犯14人が合祀されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP