주요 기사 바로가기

中国外交部長「5つの『応当』」提示、米国の代わりに中国選択を圧迫

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.11 07:31
0
韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官と中国の王毅外交担当国務委員兼外交長官が今月9日、中国山東省青島会談で「チップ(Chip)4」(韓国・米国・日本・台湾の半導体サプライチェーン連合体)と中国の限韓令(韓流制限令)、両岸(中国・台湾)関係、北朝鮮の非核化を巡り立場の違いを鮮明にした。

朴氏は会談で中国側が不快感を示す「チップ4」予備会議出席の事実を通知して理解を求めた。王氏はこれに対して「韓国が慎重に判断するように願う」と答えたという。中国は発言程度を調節したが、今後韓国に対してチップ4を中国排除に利用するなと要求する可能性を開けておいたのだ。

北朝鮮非核化協力の場合、北朝鮮が7回目の核実験動向を見せていることから、韓中次官級2プラス2(外交・国防)外交・安保対話を年内に行うことにした。ただし中国は韓半島(朝鮮半島)平和のための先決条件である米朝関係改善を巡る米国の消極的態度を指摘した。

王氏は会談で「5つの『応当』(必ずすべきこと)」を提示したと中国外交部が発表した。▼独立自主の堅持 ▼善隣友好の堅持 ▼開放とウィン・ウィンの堅持 ▼平等尊重の堅持 ▼多国間主義の堅持--などだ。中国の普段からの本音を示したもので、韓米同盟の代わりに中国と手を携えようとの意図が入っている。

一方、駐韓中国大使館は10日、報道官名義の論評で「ナンシー・ペロシ米下院議長が中国の強い反対と厳正な交渉にもかかわらず、中国台湾地域を訪問して台湾海峡情勢の緊張を高潮させた」とし「米国は連日台湾関連の問題について繰り返し荒唐無稽な論理をまき散らし、中国の正当な訓練と反撃措置に対して一方的に現状況を変化させて情勢の安定を害するとし謀略している」という内容が入った。中国外交部ではなく駐韓中国大使館が対米非難メッセージを入れた論評を発表するのは異例だ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国外交部長「5つの『応当』」提示、米国の代わりに中国選択を圧迫

    2022.08.11 07:31
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の朴振外交部長官(左)と中国の王毅外交部長(右)
    TOP