주요 기사 바로가기

中国外交部長「円滑なサプライチェーンの守護」 韓国外交長官「『和而不同』の精神で協力」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.10 06:55
0
韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官が王毅中国外交担当国務委員兼外交部長と9日、中国山東省青島で会談した。米国主導半導体協力体「チップ4(仮称)」に対する韓国の加盟が両国間最大の懸案に浮上した中、王委員は「外部の影響を受けない韓中関係」と「円滑なサプライチェーンの守護」を強調した。

会談はこの日午後4時(現地時間)青島の即墨古城君蘭ホテルで両長官と少数の当局者だけが同席した小人数会談を始め、同席者を増やした拡大会談、親交を兼ねた晩餐会の順に行われた。

公開された拡大会談の冒頭発言で王委員は最近米国主導のサプライチェーン再編の動きを警戒するような発言をした。王委員は「ウィンウィン(win-win)を堅持して安定的で円滑なサプライチェーンと産業網を守護しなければならない」として「平等と尊重を堅持して内政に干渉してはならない」と話した。韓国が最近、米国主導のインド太平洋経済枠組み(IPEF)とチップ4に加入することにしたことを狙った発言に読まれる。

王委員は「風雨に試練を経験してきた中韓関係はさらに成熟し、自主的で強固になるべきだ」とし、「(修交)30周年を機に今まで成功を成し遂げてきた有益な経験を踏まえ、両国関係の大きな局面を把握する必要がある」と話した。また、「未来の30年に向かって両側は独立自主を堅持し、外部から障害と影響を受けてはならない」と述べた。これは米国が中国に牽制の仲間に韓国を引き込むことを警戒する発言という分析だ。

朴長官は「韓中両国が人類普遍的価値と規範に即して韓半島(朝鮮半島)と北東アジアを越えてインド・太平洋地域と世界の自由・平和・繁栄のために共生・協力していくことを期待する」と述べた。同時に、「国益と原則に従って『和而不同(共同の利益を探す一方で、違いは認める)』の精神で中国との協力を模索していきたい」と話した。これは韓国が中国を排除するためでなく、民主主義と市場経済の価値により動くということを強調した発言に読まれる。

朴長官は韓中自由貿易協定(FTA)と両国いずれも会員国である東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に言及して「サプライチェーンの安定的な管理を通じて(韓中が)新しい挑戦をともに克服していかなければならない」と話した。この日午前、在中海外同胞・企業のテレビ懇談会でも「韓中関係が簡単でない挑戦に直面したのが事実だが、政府は中国との経済協力を持続的に強化しようとする」と明らかにした。

拡大会談で朴長官は「今韓半島の平和と安定が前例なしに脅威を受けている」として「北朝鮮が挑発の代わりに対話を選択するように中国が建設的な役割を果たすように願う」と述べた。北朝鮮が7回目の核実験など重大挑発を踏み切らないように中国が出てほしいという要請だ。

両長官の対面会談は先月初め、インドネシア・バリで開かれた主要20カ国(G20)外相会議以降今回が2回目だ。朴長官はこの日会談で「今回が46回目の中国訪問」と話した。朴長官は山東省の山東大学で名誉教授として在職したことがある。王委員はこの日、会場に先に到着して韓国の取材団に「アンニョンハシムニカ」と韓国語で挨拶をした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国外交部長「円滑なサプライチェーンの守護」 韓国外交長官「『和而不同』の精神で協力」

    2022.08.10 06:55
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の朴振外交部長官(左)と王毅中国外交担当国務委員兼外交部長が9日、中国青島市の即墨古城君蘭ホテルで握手している。[写真 外交部]
    TOP