주요 기사 바로가기

韓国、通貨スワップできなければ次の手、「FIMAレポ」がある

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.21 11:14
0
韓国でドル高を受け韓米通貨スワップを締結し外国為替市場に安全弁を用意すべきという声が大きくなっている中で、韓米通貨スワップの次の手段としてFIMAレポファシリティが注目されている。

有事の際に韓国内にドルを供給するための取引限度600億ドルのFIMAレポファシリティは昨年12月に導入されてから現在まで一度も活用されていない。

FIMAレポファシリティは米連邦準備制度理事会(FRB)が他国の中央銀行が保有する米国債を売り戻す条件付きで買い取る制度だ。韓国銀行が持つ米国債をFRBに担保として預ける代わりに取引限度内で米国の政策金利上段(現行1.75%)水準の低金利でドルを調達できるという長所がある。

現在運用されているFIMAレポファシリティと韓米通貨スワップとも外国為替市場の安全弁としての役割をする点では同じだが、運用方式と効果には違いがある。FIMAレポファシリティは米国債を預ける方式で米国債市場に影響を与える可能性があるが、韓米通貨スワップはウォンをドルと直接対等交換する方式のため債券市場に特に影響を与えない。

米国の高強度の緊縮の動きに安全資産であるドルが強まり為替相場は1ドル=1300ウォン台までドル高が進んだ状態だ。一部では米国の物価上昇が鈍化しない場合には1400ウォン水準までウォン安ドル高が進むとの懸念も出ている。外国為替当局が為替相場防衛に出て国の非常用資金である外貨準備高も急速に減っている。外貨準備高は今年に入ってから6カ月で248億4000万ドル減少した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、通貨スワップできなければ次の手、「FIMAレポ」がある

    2022.07.21 11:14
    뉴스 메뉴 보기
    米ドル
    TOP