주요 기사 바로가기

「R」の恐怖でウォン相場1310ウォン台に急落…インフレ上回るものがくる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.06 17:39
0
「R(リセッション、景気低迷)」の恐怖が外国為替市場を襲った。ウォン相場は一時1ドル=1310ウォン台に進入した。13年ぶりのウォン安水準だ。

6日のソウル外国為替市場でウォン相場は前日の1ドル=1300.30ウォンより8.20ウォンのウォン安ドル高となる1308.50ウォンで取引を開始した。取引開始とともにウォンは急速に値を下げ始め、1310ウォン水準も突破した。取引時間中には1311ウォンを記録したりもした。取引時間中にウォンが1ドル=1310ウォン台を記録したのは世界的金融危機の影響が続いていた2009年7月以降で初めてだ。この日ソウル外為市場でウォン相場は最終的に前営業日より6ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1306.30ウォンで取引を終えた。

インフレに続いて景気低迷が近づいているという見通しに外国為替市場が揺れている。有進(ユジン)投資証券のキム・ジナ研究員は、「インフレの累積が景気低迷を呼び起こしている。インフレにともなう消費心理の冷え込みと購買力低下、企業環境の厳しさなど全方向的な景気鈍化が確認されている」と診断した。

今年1-3月期の米国の国内総生産(GDP)は年率で前四半期比1.6%後退した。景気鈍化の兆候は明確だが米国の中央銀行に当たる米連邦準備制度理事会(FRB)は金利引き上げ速度を遅らせる兆しを見せずにいる。FRBのパウエル議長は先月、「金利引き上げで沈滞に陥るよりも高物価が定着するのが経済にさらに悪い」と釘を刺した。

欧州や日本のような他の先進国と違い、米国が金利引き上げのアクセルを踏み続けると宣言し、ドル相場は高止まり中だ。景気低迷の懸念が広がり安全資産としてのドルの価値はさらに高騰している。

韓国金融市場も嵐の真ん中にいる。ウォンの価値は金融危機当時に劣らないほど急落している。輸出依存度が高い韓国経済は世界の景気低迷の懸念にさらに敏感に反応するほかはないからだ。

ハナ金融投資のキム・サンマン研究員は、「景気鈍化要因のためにインフレと金利が下落するのは新興国家にそれほど良い環境とはみられない。韓国の貿易収支は金融危機以降で初めて3カ月連続赤字を記録している。韓国株式会社が営業赤字を記録しているところに個別企業の困難は加重されて現れることになるだろう」と予想する。

国内証券市場もリセッションの恐怖におびえている。この日午前、韓国総合株価指数(KOSPI)は前日より11.67ポイント(0.5%)下落の2330.11で取引を開始した。その後取引時間中には一時2310ポイント台まで落ち込んだ。

景気低迷への懸念はこれまで上昇していた国際原油価格にも冷や水を浴びせた。1日で8%以上下落し、1バレル=100ドル台を割り込んだ。5日の米ニューヨーク商品取引所(NYMEX)でウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)8月引き渡し分価格は前日比8.2%下落の1バレル=99.5ドルを記録した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「R」の恐怖でウォン相場1310ウォン台に急落…インフレ上回るものがくる

    2022.07.06 17:39
    뉴스 메뉴 보기
    「R」
    TOP