주요 기사 바로가기

「BTSの涙の会食」実際は3週間前に撮影…疑いを招いたHYBE(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.23 07:19
0
BTS(防弾少年団)の「真のバンタン会食」は14日夕方遅くユーチューブのBTSチャンネルで公開された。BTSは思い出の多い宿舎の契約期間が終わったとし、最後にこの場所で飲み会を開いた。一部ではこれを「ライブ」に誤認したが、この映像はBTSがジョー・バイデン米国大統領に会いに行く前に撮影されたものだ。

56分が過ぎたごろ、BTSのシュガは「これが公開されたごろにはホワイトハウスにも行ってきただろう」と話す。BTSの米国出国日が先月29日だから映像撮影日はその前だったということだ。インスタグラムなどに公開されたメンバーの写真などを確認すると、撮影時点は先月20~21日と推定することができる。

問題は会食撮影と映像公開まで2~3週間の時差があったという点だ。一般的なアイドルグループの自主的なコンテンツ映像が後ほど公開されるのは何も問題がない。だが、BTSは上場企業HYBE(ハイブ)の核心収益源だ。この日、BTSが動画で知らせた「個人活動に注力する」という発言はHYBEの収益性に疑問を投げて市場に大きな衝撃を与えた。

実際に、該当映像が公開された翌日HYBEの株価は24.87%も暴落した。この日、時価総額は2兆ウォン(約2090億円)近く蒸発した。このため、「2兆ウォンの晩餐」だったという指摘も出る。BTSのファンに真心を伝えることができたかもしれないが、HYBEの投資家には違った。2~3週前に撮影されたユーチューブ映像で上場企業の主な情報を知らせるのが妥当だったのかという不満が出るしかない。

証券街では10日、BTSの新アルバム『Proof』発表以降にもHYBEの株価が下落傾向から抜け出せないとこれをいぶかしく思う雰囲気があった。BTSの9周年をまとめるアルバムであるうえに、タイトル曲『Yet to Come』が各種国内外の音源チャート1位にのぼったからだ。反騰を期待してきた証券街ではBTSに関連した各種デマが広がるなど原因に対する分析に出たりもした。

重大な決定と発表の間の時間が過度に長い場合、内部情報が漏れる危険性も大きくなる。偶然にもHYBEの株価は会食映像の公開一日前である13日11%近く落ち、映像公開日だった14日にも3%以上下落して2日連続で新低価格を記録した。もちろん、これだけで不当取り引きが起きたとみる証拠はない。

資本市場研究院のファン・セウン研究委員は「(映像公開一日前である)13日に株価が大幅に下がったが、一日だけでその他には通常の騰落とみられる」として「外部から観察される情報を見ると、内部者の取り引きなどを疑うほどの明確な情況が見えない」と話した。主な情報が企業内で共有されるのは違法でないが、これを利用して損失危険の回避など私的な利益を得た場合には処罰の対象になる。

HYBEはアーティストなどに関連した危機発生状況に先制対応するためにコミュニケーション総括(CCO)直属にリスクマネジメント(危機管理)チームを構成して運営している。この組織の核心は所属アーティストがかんばしくない事件にかかわらないように管理するチームだ。事故防止のためにあらゆるモニタリングを行い、事前に予防活動も遂行する。特に、問題を遮断するために練習生・所属アーティストの教育にも力を注いできた。国内PRチーム、グローバルコミュニケーションチーム、デジタルコミュニケーションチームなどで構成されたコミュニケーション室は統制不可能な危機対応のための組織だ。

だが、結果的に所属事務所の危機管理関連チームは会食コンテンツが及ぼす波及力の予測に失敗した。あるアナリストは「なぜこのように仕事をするのか理解し難い」とし「上場エンターテインメント企業の代表株であるHYBEの対応方式が業界全般に悪影響を及ぼしている」と批判した。

HYBEが「涙の会食」の公開が及ぼす影響をなぜあらかじめ確認しなかったのか、あるいはなぜ見逃したのか経緯は不明だ。中央日報はHYBE側にこれに関連して質問をしたが、説明しにくいという趣旨の回答を受けた。 「BTSの涙の会食」実際は3週間前に撮影…疑いを招いたHYBE(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「BTSの涙の会食」実際は3週間前に撮影…疑いを招いたHYBE(1)

    2022.06.23 07:19
    뉴스 메뉴 보기
    14日公開されたBTSの「真のバンタン会食」映像。映像の最後にメンバーのシュガは「これが公開されたごろには私たちがホワイトハウスにも行ってきただろう」と言った。[BTSユーチューブチャンネル キャプチャー]
    TOP