주요 기사 바로가기

「団体活動休止ではない」、BTS「涙の会食」の収拾に出たHYBE(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.15 11:54
0
「団体活動休止ではない」

世界最大のボーイズグループBTS(防弾少年団)の所属事務所HYBEのレイベールBig Hitミュージックは15日「BTS涙の会食」の収拾に出た。

BTSは14日午後遅く公開したユーチューブ映像「真のバンタン会食」で「成長のために各自の時間が必要だ」として涙の会食を行った。この映像が様々な面でBTSの団体活動休止を意味すると読まれ、ファンダム「ARMY」は衝撃を受けた。

これを受け、15日Big Hitミュージック関係者は「会食コンセプトで行われただけで誤解」として「今後、ソロ活動をする予定だが、団体活動も継続する」と話した。また「音楽番組の出演も予定されており、その他の団体活動のスケジュールが整理されていないだけで、ないわけではない」と説明した。

公開された「真のバンタン会食」はメンバーとお酒を飲みながら心の中の話を打ち明けるコンセプトで撮影された。メンバーは各自様々な種類のお酒や食べ物を楽しんで過去9年間体験したことを虚心坦壊に打ち明けた。リーダーのRMは「『Dynamite』まではわがチームが私の手の上にあるような感じだが、その後に『Butter』『Permission To Dance』からは私たちがどのようなチームなのかよく分からなくなっていた」とし、「何を語り、どのようなメッセージを投げかけるかがとても大事で生きていく意味だが、そのようなものがなくなった」と話した。

所属事務所は団体活動休止を否認しているが、メンバーは個人の成長と団体活動が併行し難いという点を強調した。会食映像でBTSのメンバーは9年間のアイドル活動を通じて体験したことを率直に打ち明けた。特に、私が誰なのか振り返る暇を与えないK-POP産業システムに対する悩みが垣間見えた。RMは「K-POPアイドルシステム自体が人を熟成させるように放っておかない」とし、「何かを撮り続け、やり続けるから自分が成長する時間がない」と語った。特に、「ラップを翻案する機械になり、(海外インタビューなどで)英語を頑張ることで私の役割は終わった」として「(わがチームが)方向性を失い、考えた後に戻って来たいが、そのようなことを言えば無礼になるような気がした」と話した。シュガも「歌詞が、言いたい言葉が出てこなかった」として「(いつからか)無理やり絞り出していた。今は本当に言いたいことがない。何を言えばいいか分からなくなった」と話した。

ソロ活動の本格化は疲れているメンバーの心理的状態に加え、軍服務という現実の問題が加えられた結果とみられる。BTSは会食映像で「ソロ活動の初めての走者はJ-HOPE」と明らかにした。J-HOPEは「個人アルバムに対するBTSの基調変化を言わなければならない」として「BTSのチャプター2に向かううえで重要な部分」と説明した。ジンは「私は最も最後にソロ活動をすることになりそうだ」として「先に道を作ってほしい」と話した。1992年生まれで今年末まで服務が延期されたジンは兵役法が改正されなければ来年初めに入隊しなければならない。 「団体活動休止ではない」、BTS「涙の会食」の収拾に出たHYBE(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「団体活動休止ではない」、BTS「涙の会食」の収拾に出たHYBE(1)

    2022.06.15 11:54
    뉴스 메뉴 보기
    14日夕方に公開されたBTSの「真のバンタン会食」。[ユーチューブBTSチャンネル キャプチャー]
    TOP