주요 기사 바로가기

結局ドル償還を防いだ米…ロシア、105年ぶりに「デフォルトの危機」に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.26 07:14
0
米財務省がロシアの債権利子などを受けるために例外的に開いておいたロシアとの金融取り引き窓口を遮断した。ロシアは債権支給ルートが遮られ、自国通貨ルーブル貨で債務返済義務を履行するという立場を繰り返し明らかにした。

25日(現地時間)、ロシアのタス通信によると、ロシア財務省はこの日、報道文を通じて「財務省は責任のある債務者として、すべての外債返済履行を継続する」とし「ドル建てで国債返済の持続が不可能な点を考え、ロシア通貨(ルーブル貨)で償還するだろう」と明らかにした。また、「(寄託された)ルーブル貨は(ロシアの)外債決済機関である国家預託決済院を通じて国債建ての外貨に両替される可能性がある」と説明した。

これに先立って、24日、米財務省はロシアに対する金融制裁の中で債権支給に限って認められていた例外措置を25日0時付けで中断すると発表した。その間米国はウクライナを侵攻したロシアに対して金融制裁を施行し、ロシア国債投資家に対する利子と元金支給のために例外的に許容したが、延長せず満了するという意味だ。

ロシアは債権支給ルートの遮断が予告され、今月27日支給期限である債権利子を20日にあらかじめ支給した。だが、来月23日と24日にも債権利子を返済する必要がある。特に、6月23日までの債権の猶予期間は15日間に過ぎない。7月9日までに債権者が利子を受けることができなければ、ロシアは公式的なデフォルトに陥る。デフォルトが現実化すれば1917年十月革命以降105年ぶりだ。

これを受け、ロシアのシルアノフ財務相は18日「ロシアがデフォルト(債務不履行)を宣言することはない」とし「米国が元利金償還を強制的に防げば、ロシアは自国通貨であるルーブル貨で償還するだろう」と明らかにしたことがある。ロシアのウォロジン下院議長も自身のテレグレムに「ロシアは(国債元利金償還に)必要な資金があり、償還はルーブル貨で行うだろう」とし「米国が意図的にドル決済を禁止した」と指摘した。ロシア財務省は「ロシアはお金があり、支給の意志もある」とし「米国の外債返済許可延長の拒否は外国投資家の権利を侵害し、西側諸国の金融制度に対する信頼を傷つけるだろう」と批判した。

だが、通常ドルやユーロ建て外債の元利金を他の通貨で償還する場合、デフォルトと見なす可能性がある。ロシアは4月初め2022年と2042年満期である2つの外債に対する元利金をルーブル貨で支払ったが、国際格付け会社ムーディーズから警告を受けたことがある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    結局ドル償還を防いだ米…ロシア、105年ぶりに「デフォルトの危機」に

    2022.05.26 07:14
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアの国旗 [Pixabay]
    TOP