주요 기사 바로가기

韓国海洋水産部長官「TPP加入しても福島産水産物の輸入認めない」

ⓒ 中央日報日本語版2022.05.25 17:36
0
海洋水産部の趙承煥(チョ・スンファン)長官は25日、環太平洋経済連携協定(TPP)と関連し、「協定に加入しても国民の健康と安全のため日本の福島産水産物輸入を禁止した既存の立場に変化はない」と明らかにした。

趙長官はこの日政府世宗(セジョン)庁舎で開かれた担当記者団との昼食懇談会で「TPPは国益のために進まなければならないものという韓国政府の立場は理解する」としながらこのように話した。

彼は続けて「福島産水産物輸入に対しては断固として国民の安全・健康が(優先であり)重要だという考え。漁民が受ける被害に対しては十分に補償するだろう」と付け加えた。

現在韓国の水産業関係者はTTP加入時に漁業関係者に支払われる水産補助金と、輸入水産物に対する関税が廃止されかねないとして反発している。福島原発汚染水放出を控え福島産水産物開放圧力も大きくなると懸念している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国海洋水産部長官「TPP加入しても福島産水産物の輸入認めない」

    2022.05.25 17:36
    뉴스 메뉴 보기
    海洋水産部長官に指名されている趙承煥氏が4日の国会農林畜産食品海洋水産委員会人事聴聞会で発言している。キム・ソンニョン記者
    TOP