주요 기사 바로가기

「LE SSERAFIMのキム・ガラムは外せ」尋常でないファンダム…HYBEの複雑な事情(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.24 11:34
0
しかし、HYBEの「本当の問題」はこれでないかもしれない。それよりは、作られたばかりのLE SSERAFIMのファンダムの反応が尋常でない。グループが何をしても「キム・ガラムイシュー」が吸い込んでいる。約28万人が加入したWeverseのLE SSERAFIMコミュニティでは「5人組LE SSERAFIM」にしてほしいという意見とHYBEの対応を叱責するコメントが毎日数十件ずつ書き込まれている。特に、サクラとキム・チェウォンのような「経歴職メンバー」のファンの不満が大きい。自分たちのアイドルが被害を受けたという理由からだ。苦境に立たされたメンバーを守るべきだという意見も見えるが、少数だ。

K-POPはファンダムの影響が大きいジャンルだ。新人グループはファンの情熱と消費によって成長する。ファンは好きなアーティストを広く知らしめる「営業活動」を辞さず、2~3次コンテンツの生産に熱心だ。だが、彼らの格別な主人意識は時には恐ろしい圧力になる。音楽やルックスに対する意見を提示するのはもちろん、投入予算や所属事務所の働き方にも関心を持つ。翌月発売予定のBTS(防弾少年団)の9周年記念アルバム『Proof』に違法撮影と女性暴行の疑いで裁判を受けている歌手チョン・バビの曲が収録されるという事実が知らされ、一部のファンが不買運動を行っているのもこのような場合だ。

このような状況なのでHYBEのLE SSERAFIM解決法は複雑にならざるを得ない。マネジメント契約関係で所属事務所はアーティストに問題が生ずる場合、これを解決して保護する義務がある。さらにはキム・ガラムはまだ未成年者なのでさらに用心深いアプローチが必要だ。結局、「持ちこたえて対応」「沈黙」以外にHYBEが使えるカードが多くないということだ。業界によると、HYBEは現在、LE SSERAFIMのメンバー交代や5人組への転換を検討していない。

一部ではHYBEが論議を拡大させた側面があるという指摘もある。これに先立って、LE SSERAFIMの露出コンセプトが公開され、未成年者のメンバーがあるグループに合わないという意見があった。しかし、これに対してHYBEやソースミュージックは特別な対応を取らなかった。また、被害者側がすでにLE SSERAFIMデビュー前である先月20日HYBEに学校暴力関連証拠に対する内容証明を送ったことが確認され、まず解決すべきだった問題を棚上げにしてアルバム発売に汲々としたという批判もある。

ある業界関係者は「指摘を受け入れない態度が繰り返され、ファンダムの不満が募ったようだ」とし、「最近のファンたちは学校暴力、ジェンダー問題、性暴行犯罪に特に敏感で、本当に気を付けなければならない」と話した。この関係者はまた「HYBEが今やっていること以上のこれといった対応方法を探ることも難しいだろう」とした。 「LE SSERAFIMのキム・ガラムは外せ」尋常でないファンダム…HYBEの複雑な事情(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「LE SSERAFIMのキム・ガラムは外せ」尋常でないファンダム…HYBEの複雑な事情(2)

    2022.05.24 11:34
    뉴스 메뉴 보기
    HYBEがリリースする最初のガールズグループLE SSERAFIMがソウル中区奨忠体育館でデビューショーケースを開いて「レベルが違うチームになりたい」(キム・チェウォン)は抱負を明らかにした。左からメンバーのホン・ウンチェ、キム・チェウォン、カズバ、キム・ガラム、ホ・ユンジン、サクラ。[写真 SOURCE MUSIC]
    TOP