주요 기사 바로가기

「トランプXファイル」の暴露者「プーチン、不治の病または末期で状態が深刻」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.18 08:21
0
ロシアのプーチン大統領が深刻な病気を抱えているという主張がまた出てきた。ロシアのウクライナ侵攻が長期消耗戦に向かう中、プーチン大統領の健康不安説が続いている。

15日(現地時間)の英スカイニュースによると、英情報機関MI6元要員クリストファー・スティール氏はインタビューで「ロシアとは別のところの情報部員から聞いたところ、プーチン大統領は深刻な病気だという」とし「その病気が正確に何であり、不治の病なのか末期なのかは確実でない」と話した。

スティール氏は2016年の米大統領選挙当時、トランプ陣営とロシアの内通疑惑が入った「トランプXファイル」を作成した人物。ロシアで諜報活動をした経験があり、この地域の専門家の1人に挙げられる。

スティール氏の発言は、ウクライナ国防情報局トップのブダノフ少将が13日の同メディアのインタビューで「プーチン大統領はがんのため深刻な状態であり、プーチン大統領を除去しようというクーデターがすでに進行中」という主張をした後に出てきた。

米誌ニューラインズも13日、匿名の露オリガルヒ(新興財閥)が3月中旬に米ベンチャー投資家と電話をし、「プーチン大統領が血液がんに苦しみ、ウクライナ侵攻直前に関連の手術を受けた」と伝えたと、通話録音を入手して報じた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「トランプXファイル」の暴露者「プーチン、不治の病または末期で状態が深刻」

    2022.05.18 08:21
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアのプーチン大統領
    TOP