주요 기사 바로가기

「手術10回」秋山成勲「練習費用だけで億ウォン台、自分への投資」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.16 15:58
0
秋山成勲(47)が格闘技選手の練習費用を「億ウォン台」と明らかにして話題だ。16日、あるバラエティー番組に出演した秋山は「格闘技選手は試合を準備するための多くの費用がかかる。言葉ですべて表現できないほど大きな金額」と明らかにした。

秋山は共に出演した後輩格闘技選手チョン・チャンソンを見ながら「私の思うにチョン・チャンソンが最近、試合を準備しながら使った練習費用は1億ウォン(約1000万円)以上かかったはず。海外現地練習、食事代、練習パートナーなどをすべてを合わせた費用」と説明した。秋山は「すべて自己負担だ。自分への投資だ。すべての選手が同じ」と伝えた。

実際、専門家らは選手が自分のチームを組んで1カ月以上の合宿し、現地で良いコーチと練習パートナーを付けると、費用は1億ウォンを超えると見ている。もちろん格闘技界のメジャーリーグとして知られるUFCなど海外の大舞台で活躍するスター級選手らの話だ。国内選手の大半は主に所属ジムで同僚選手と練習しながら試合を準備する。普段と同じ生活をしながら練習するため、大きな費用がかかるケースは少ない。

チョン・チャンソンは先月10日、米フロリダで開催されたUFC273メインイベント(5分5ラウンド)でフェザー級(65.8キロ級)チャンピオンのアレキサンダー・ボルカノフスキー(オーストラリア)とタイトルマッチを行った。チョン・チャンソンは大会を控えて早めに米国に渡って練習した。結果は残念ながらチョン・チャンソンのTKO負けだった。

格闘技の関係者は「秋山は格闘技に強い愛情を持っている。放送出演の経験が多いため、バラエティー番組で視聴者が格闘技の世界に興味を持てるようスター選手基準の練習費用を話したと思われる。ほかのプロスポーツに劣らず選手個人が競技力のために投資する格闘技への自負心も込めたようだ。また格闘技の後輩がそれだけ苦労しているという意味で話したのだろう」と説明した。

秋山成勲は8日の番組では自身のファイトマネー(対戦料)が江南(カンナム)のアパート1戸の価格だと明らかにし、大きな関心を集めた。実際、それほど多くの対戦料は受けない。格闘技界の地位が上がることを願う気持ちを込めた。当時「最も多く受けた対戦料はどれくらいか」という質問に対し、秋山は「江南のアパートを購入できるほどだ。それだけ苦労して練習するのでその程度の報酬がなければいけない」と語った。

秋山は練習費用と同じくらいけが負担になると語った。47歳の秋山は先月26日、シンガポールで開催されたONEチャンピオンシップ「ONE X」大会の総合格闘技ライト級(77キロ級)試合で青木真也(日本)に第2ラウンドTKO勝ちをした。健在を誇示するまでには、けがを治療して乗り越える我慢の時間があった。

秋山は「今まで手術を10回以上したと思う。試合を控えて左腕が筋断裂したこともあった。治療を先延ばしにして試合に出ようとしたが、その後に右腕も同じく痛めた。けがの後遺症で両腕で重いものを持つことができない」と話した。

その一方で「最近は試合を控えて『負ければどうしようか、引退しようと』という考えもした。しかし振り返ると1つの試合で負けるのは自分の人生の1ページにすぎない。負けても1ページ、負傷しても1ページだ。つらい瞬間も、振り返ってみると長い『人生という本』の1ページにすぎない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「手術10回」秋山成勲「練習費用だけで億ウォン台、自分への投資」

    2022.05.16 15:58
    뉴스 메뉴 보기
    47歳の年齢で元チャンピオン選手に勝利した秋山成勲。 キム・ソンリョン記者
    TOP