주요 기사 바로가기

「韓国、実際に新型コロナ死亡者の2倍」…「非新型コロナ死亡者」致命的な抜け穴(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.23 07:27
0
韓国政府が発表する新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)による死亡者よりはるかに多い「超過死亡者」が発生していることが明らかになった。超過死亡とは、感染病など特異な事件で通常の水準を超えた死亡が発生することをいう。新型コロナの隔離期間以降亡くなる前の新型コロナ感染者、医療現場の混乱による一般疾病の追加死亡者などのためとみられる。これによって今月1~21日超過死亡者が例年の年平均増加率をすでに上回った。22日0時基準で新型コロナ死亡者は384人で、5日連続で300人台となっている。

22日、中央事故収拾本部・中央防疫対策本部によると、今月1~21日火葬件数が2万4696件、一日平均1176件となった。2018~2020年3月一日平均(719件)より457件多い。高齢化によって毎年自然的に死亡者が増加する。2016~2021年自然増加は年平均7394人、一日に20.3人だ。これを考えても今月1~21日一日平均火葬件数は従来より436.7件さらに発生した。21日間9171人件が増えて年平均増加規模を超えた。昨年、韓国の火葬率は90.5%(暫定分)に達する。釜山(プサン)は95%を超える。火葬件数で死亡の推移を把握することに大きな無理はない。

1~21日一日平均火葬増加分(457件)の中で公式的な新型コロナ死亡者は237件だ。新型コロナを除いて一日に約200人件の非新型コロナ死亡が発生したと推定することができる。このような場合が代表的だ。

釜山のある療養病院に2年間入院中だったチョンさん(73)は闘病の末に17日亡くなった。チョンさんは脳卒中を病んで右足と腕をよく使えなかった。チョンさんは今月初め療養病院で集団感染が発生し、新型コロナに感染した。だが、大型病院に運ばれなかった。7日後隔離解除されたが、感染以降状態が悪化した。喉が腫れて食事をすることができず気力が大きく落ちた。そうするうちに隔離解除一週間も経たないうちに亡くなった。死亡原因は心停止。チョンさんは新型コロナ死亡者に分類されなかった。大邱(テグ)のある老人ホームでも気力が落ちた高齢者が隔離解除後容態が好転せず亡くなった。大邱達西区(タルソグ)常緑樹療養院のキム・フナム院長は「大邱地域の老人ホームの新型コロナ死亡者の一部だけが隔離解除前に亡くなり、ほとんどは隔離解除以降亡くなる」と話した。

「韓国、実際に新型コロナ死亡者の2倍」…「非新型コロナ死亡者」致命的な抜け穴(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国、実際に新型コロナ死亡者の2倍」…「非新型コロナ死亡者」致命的な抜け穴(1)

    2022.03.23 07:27
    뉴스 메뉴 보기
    昨年12月、京畿道の火葬場でレベルD防護服を着た職員が新型コロナ感染による死亡者の棺を運んでいる。 [韓国葬儀協会提供]
    TOP