주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】「むしろ菅前首相の方が良かった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.08 10:26
0
新型コロナウイルス感染者が1日2万人ずつ出ている東京は一見平和だ。銀座の百貨店は昼間でも混雑し、夕方の新橋には営業終了の9時までに酒を飲もうとする会社員が集まる。同じビル内で感染者が出たという話がほぼ毎日聞かれるが、もうだれも驚かない。

だがこの平和ははらはらする。週末に頭が痛くなり新型コロナの自己診断キットで検査をしてみようとした。自宅周辺の薬局3~4カ所を回ったが、どの店も品切れだった。日本政府はオミクロン株患者の急増に対応するとして重症化の可能性が少ない人は自宅で自分で検査した場合も感染者と認定することにした。しかし検査したくてもすることはできない。翌日頭痛は少し良くなったので違うのだろうと判断した。

ワクチン2回接種後6カ月が過ぎたがブースター接種を打つこともできない。日本政府は当初どういう基準なのか2回目の接種から8カ月後以降にブースター接種を打つものと決めたためだ。オミクロン株が急拡散するとその期間を2回目の接種後7カ月とし、さらに6カ月に短縮したが自治体の対応は遅かった。やっと接種券を受け取り予約サイトに入れば64歳以下は3月1日から接種が可能だと出ている。日本のブースター接種率はようやく6%程度。モデルナ製を打とうとする人がおらず、一部接種会場はがらがらに空いているというのになぜ予約を受け付けないのか。

岸田文雄首相は出だしから「コロナの受恵者」だった。昨年10月の就任後、日本の感染者数はミステリーな減少傾向を見せ、何もしなくてもよくやっているという評を聞いた。「次の流行は必ずくる」という警告は続いたが、ワクチン追加接種からも手を離していた。オミクロン株流行が始まると急いで国境を閉め鍵をかけたのが全部だった。

だから最近出てくる話が「むしろ菅の方が良かった」という再評価だ。菅義偉前首相は激しいデルタ株流行の中でどうにか五輪を行い、「ワクチン1日100万回接種」を押し進めた。当初は不可能に見えたが結局国民の79%が2回のワクチン接種を完了した。そうして岸田首相に花道を敷いてあげた。

オミクロンは重症化のリスクが高くないとしても高齢者もブースター接種の未接種者が大部分の日本は違う。実際に高齢層の重症化・死亡はますます増加している。岸田首相は結局菅前首相に続き「1日100万回接種」の目標を7日に発表した。果たしてオミクロン株に感染する前にブースター接種を打てるだろうか。だれにも頼ることのできないオミクロン株からのそれぞれが生き残りを図る道に入った感じだ。

イ・ヨンヒ/東京特派員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP