주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】北京五輪の「形容矛盾」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.28 15:58
0
冬季オリンピック(五輪)が1週間後に迫ったが北京はうら寂しい雰囲気が漂っている。25日午後、天安門から北に8キロメートルほど離れた五輪メインスタジアムを訪れた。鉄で組まれた構造物が鳥の巣のような形をしているため「鳥の巣」という愛称で呼ばれるメインスタジアムの周辺には長い鉄製のフェンスが設置されていた。遠く離れて道を行き交う市民は窓の桟のようなフェンス越しにスタジアムを見ることができるだけだった。時折外から写真を撮る人々がかえって寂しく感じられるほどだった。

メインスタジアムの横にあるカーリング競技場「水立方(ウォーターキューブ)」も一般の人々には「絵に書いた餅」だ。外部の観覧客に対する入場券の販売がないためだ。近くの建物も早々と封鎖されてスタジアム周辺の主要ホテルは海外の外賓や中国内の招待客など一部の人員だけに出入りが許される。選手団を内国人と分離するいわゆる「クローズド・ループ」政策で北京は安全を得たが雰囲気を失った。

五輪大会が開催されるということを実感できるのは都心道路に掲げられた五輪専用道路表示板くらいのものだ。中央両側1車線を午前6時から0時まで五輪関連の車両だけ通行可能に統制したものだが、実際に通行する車両はないため往来のない二車線が奇異に感じられる。中国中央テレビの五輪専用チャネルは24時間放送されているが、過去に中国チームが勝利を収めた映像だけを繰り返し流している。選手団が入ってくる唯一の関門である北京首都空港でも選手団を見るのは不可能だ。専用機で入ってきて別途防疫施設を経た後、直ちに宿舎に向かって競技場以外の外に出かけられるところがない。

まさにコロナは目の前にある。北京の累積感染者は60人余りだが、強力な統制は2019年にコロナが初めて発生した当時に劣らない。一例として、北京近隣の三河市の住民たちは外出禁止2日目を迎えている。市の近隣から感染者3人が報告されるとマンション全体の住民の出入りを遮断した。

記者が住むマンションでは突然住民全員に核酸検査動員令が下された。密接接触者1人がいたため住民全員が検査を受けなければならないということだった。それも24時間間隔で2日連続陰性判定の確認を受けてはじめて家に戻ることができる。最近、北京では風邪薬を買うにも核酸検査の結果証書が必要だ。

試合が始まれば変わるだろうか。習近平主席は17日、世界経済フォーラムの演説で北京冬季五輪の目標を「簡略・安全・多彩」の6文字で提示した。わかりやすく圧縮的な指示は今回の五輪に対する中国の基調を理解するキーワードだ。ところで簡単で安全ながらも、多彩な五輪はどのように実現することができるだろうか。北京五輪「形容矛盾」政策の現住所だ。

パク・ソンフン/北京特派員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP