주요 기사 바로가기

韓国大統領候補の支持率、李在明36.3%-尹錫悦36.4%…大接戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.09 10:08
0
韓国最大野党・国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領選候と与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補が誤差範囲内で接戦しているという世論調査の結果が発表された。

韓国ギャラップがマネートゥデーの依頼で6-7日に大統領候補の支持率を調査した結果、尹候補が36.4%、李候補が36.3%となった。両候補の差はわずか0.1ポイントだ。

国民の党の安哲秀(アン・チョルス)候補が6.5%、正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)候補が3.5%、金東ヨン(キム・ドンヨン)元経済副首相が1%で後に続いた。

年齢帯別に見ると、尹候補は50代以上で、李候補は20-40代で比較的高い支持率となった。尹候補はこれまで優勢だった20代で20%の支持を受け、李候補(22.3%)に逆転を許した。ただ、20代は「支持候補を変えるかもしれない」という回答が72.6%にのぼった。

地域別には尹候補が嶺南(ヨンナム、慶尚道)、忠清(チュンチョン)圏で、李候補は仁川(インチョン)・京畿(キョンギ)、江原(カンウォン)、湖南(ホナム、全羅道)で優勢だった。ソウルでは尹候補が36.8%、李候補が34.6%だった。

金鍾仁(キム・ジョンイン)総括選挙対策委員長の国民の力への合流が尹候補にプラスになると思うかという質問には47.7%が「プラスになる」と答えた。「プラスにならない」は31.1%だった。

大統領選挙で「政権交代が必要」という回答は54%で、「政権維持」(35.4%)より高かった。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対する職務遂行評価は「よくない」が58.1%、「よい」が37.2%だった。

政党支持率は「国民の力」が37.4%、「共に民主党」が31.8%となった。

今回の調査は全国満18歳以上の成人1006人を対象に実施された。応答率は18.0%、標本誤差は95%信頼水準で±3.1%ポイント。詳細事項は中央選挙世論調査審議委員会ホームページ参考。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国大統領候補の支持率、李在明36.3%-尹錫悦36.4%…大接戦

    2021.12.09 10:08
    뉴스 메뉴 보기
    先月24日午前、ソウル鍾路区フォーシーズンズホテルで開催された中央日報主催「2021中央フォーラム」で、写真撮影をする与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補(左)と最大野党・国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領選候。 イム・ヒョンドン記者
    TOP