주요 기사 바로가기

2023年まで予約すべて埋まる…韓国造船大手3社、すでに昨年の2倍受注

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.06 07:20
0
韓国造船大手3社の現代重工業グループ、大宇造船海洋、サムスン重工業の受注額が昨年より大きく増えた。5日の造船業界によると、今年に入り今月第1週までのこれら3社の受注額は445億ドルだった。昨年の年間受注実績211億ドルと比べ111%増加した。造船業の受注低迷を体験した2016年の70億ドルと比較すると535%の増加だ。

現代重工業グループは今年に入り今月第1週まで224隻(海洋施設3基含む)を受注した。受注金額は225億ドルだった。昨年の年間受注額100億ドルより2倍以上多かった。今年末までに受注額250億ドルを達成できるという見通しも業界から出ている。同じ期間に大宇造船海洋は60隻を108億ドルで受注した。サムスン重工業は75隻・112億ドルの注文を受けた。

現代重工業グループの受注額は今年初めに提示した目標額の140%、大宇造船海洋は151%、サムスン重工業は123%に達する。大宇造船海洋は2014年の149億ドルから7年ぶりに受注額100億ドルを突破した。

中型造船所の実績も改善した。英国の造船・海運市場調査会社クラークソン・リサーチによると、大韓造船、大鮮造船、K造船、韓進重工業の中型造船所4社は今年に入り10月までの受注額を昨年より大幅に増やした。

造船業界は、景気が回復傾向に転じて海運業界のコンテナ船発注量が多くなり、液化天然ガス(LNG)運搬船など親環境船舶の需要が増加した点を造船業好況の要因に挙げた。NH投資証券のチェ・ジンミョン研究員は「今年のコンテナ船発注は昨年より5倍以上増えた。世界の物流産業が回復して造船業を牽引したとみる」と話した。韓国の造船業界が技術的に優位にあるLNG運搬船の注文はほとんどが韓国企業が確保したとチェ研究員は伝えた。

クラークソン・リサーチによると、1月から先月まで世界市場で発注されたLNG運搬船は592万CGT(標準貨物船換算トン)だった。このうち韓国の造船業界は90%を超える538万CGTを受注した。液化石油ガス(LPG)運搬船では世界注文量の70%を韓国業者が確保した。

韓国の主要造船所のドックは2023年まで予約が埋まっている。これからは注文を取るための営業よりは収益性を高める案が必要な時期という言葉が業界と専門家の間から出ている。チェ研究員は「今年コンテナ船は価格が上がったがLNG運搬船とタンカーは大差ない。造船所の立場では価格上昇を試みる余裕ができた」と話した。

来年には世界市場で船舶発注量が今年より減少するだろうという見通しが業界から出ている。業界関係者は「来年は25%ほど減るだろう。それでも最近5年間の発注量に比較すれば悪くない方」と伝えた。2027年まで100隻ほどを期待したカタールのLNG運搬船発注量は当初予想した量の半分以下に減った。

クラークソン・リサーチによると1~11月の世界船舶発注量は4498万CGTだった。中国がシェア49%で1位を占めた。韓国は38%で後に続いた。中国の造船所が受注した量の半分以上は中国企業が発注したものだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    2023年まで予約すべて埋まる…韓国造船大手3社、すでに昨年の2倍受注

    2021.12.06 07:20
    뉴스 메뉴 보기
    現代重工業が建造した液化天然ガス(LNG)運搬船。[写真 現代重工業]
    TOP