주요 기사 바로가기

BTS兵役特例の結論出せず…メンバー最年長のJIN、来年末に入隊か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.26 10:30
0
韓国の人気ボーイズグループBTS(防弾少年団)の兵役特例許容法案が結論を下せないまま保留となった。

25日、国会国防委員会法案小委員会はBTSなど国威を宣揚した大衆文化芸術家が軍入隊ではなく奉仕活動などで兵役に代えられるようにする内容の兵役法改正案を審議したが結論を下すことができなかった。

改正案を賛成する一部の委員は会議でBTSが誘発する莫大な経済的波及効果などを考慮すると、彼らに兵役特例機会を付与するのが妥当だと主張した。しかし兵役問題に敏感な国民世論を考慮し、さらに深みのある議論が必要だという意見が多数出されて議決に達することができなかった。

国防委関係者は小委員会の会議後、「与野党の別なく賛否が交錯した」とし「今後公聴会など公論化手続きを持つことにした」と明らかにした。

国防部は兵役法改正案の議論に関連して慎重に検討する必要があるという立場を明らかにした。プ・スンチャン報道官はこの日の定例会見で関連する質問に「兵役法改正関連の国防部の立場に対して申し上げるなら、状況の変数を考慮せざるをえない」としながら「現在直面しているのは人口急減によるものが最も大きいようだ」と明らかにした。

プ報道官は「公平な兵役履行次元で社会的合意も必要だ」とし「このようなことを考慮すると、芸術・体育要員の編入対象拡大は選択しにくく、慎重にならざるを得ない」と述べた。

もし兵役特例議論が白紙に戻れば、最年長メンバーのJINは2022年末までに入隊しなければならなくなる。1992年12月生まれのJINは本来なら翌月入隊しなければならなかった。だが今年6月から大衆文化芸術優秀者に対する兵役法改正案が施行されて来年12月の誕生日前まで入営を延期できることになった。

大衆文化芸術分野優秀者に対する兵役法改正案を見ると、文化勲・褒章を受けた大衆文化芸術家が希望する場合、文化体育観光部長官の推薦書を受けて満30歳まで入営を延期することができる。BTSは2018年花冠文化勲章を受けて大衆文化芸術家の中で唯一入営延期恩恵対象者となっている。これに対してJINをはじめBTSのメンバーは全員満30歳までの入営延期を申請した。

現行兵役法上、大統領令に定められた芸術・体育分野の特技を持っている者として、文化体育観光部長官が推薦した人を芸術・体育要員に編入することができるように規定している。ただし兵役法施行令で芸術・体育分野の特技に大衆文化は規定しておらず、BTSら大衆文化芸術家は兵役特例を受けることはできない。

一方、数年間激論が交わされているBTSの兵役恩恵問題は相変らず答えを探せずにいるが、BTSメンバーはこれとは関係なく国防は当然の義務とし軍入隊を示唆してきた。

昨年JINは『BE』リリース記念記者懇談会で「大韓民国の青年として兵役は当然の問題と考える」とし「国からの招集があればいつでも応じる。時期になって招集があるならいつでも応じる予定」と話していた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BTS兵役特例の結論出せず…メンバー最年長のJIN、来年末に入隊か

    2021.11.26 10:30
    뉴스 메뉴 보기
    BTS
    TOP