주요 기사 바로가기

元駐英公使の太永浩氏、李在明氏に対して「北朝鮮ですら米国政治家に100年前の歴史についてあれこれ言わない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.16 09:34
0
北朝鮮の元駐英公使で、現在は韓国野党「国民の力」議員である太永浩(テ・ヨンホ)氏が、与党「共に民主党」の大統領候補である李在明(イ・ジェミョン)氏に対して「北朝鮮ですら平壌(ピョンヤン)を訪問した米国の政治家に100年前の歴史についてあれこれ言わない」と批判した。李氏が米国のジョン・オソフ上院議員に「韓国が日本に合併された理由は、米国が桂-タフト協定を通じて承認したため」という発言を指摘しながらだ。

太議員は15日、フェイスブックに「米国に最も敵対的な北朝鮮の金氏一家も、問題を解決しようと平壌に来た米国の政治家や行政府官僚に100年前の歴史についてあれこれ言わない」と批判した。あわせて「過去を忘れて未来に向かっていこうと米国を説得するほうがはるかに実用的だと計算するため」と付け加えた。

太議員は「過去の歴史に対する北朝鮮の反米歴史観を話したければ、それとなく歴史博物館に連れて行く。この方法が相手の気持ちを逆なでせずに自分たちの歴史観を示す方法であるため」と指摘した。

また「桂-タフト密約が日本の韓半島(朝鮮半島)占領に道を開いた一つの契機になったということは言えるかもしれないが、われわれが日帝に強制的占領された根本的な原因は自分たちが自ら国を守る力がなかったため」としながら「いま大韓民国にはわれわれの辛い過去の傷を度々ひっかき回す大統領よりも米中葛藤の中でわれわれの利益を賢く守る大統領が必要だ」と述べた。あわせて「李候補は中国、ロシアの政治家に会っても韓半島分断の責任を問おうとするだろうか」と反問した。

太議員は「すべての政治家にとって、外国代表団との面会時、制限された時間内にどのような問題を議論するかは、その人の普段の歴史観や両国関係に対する懸案はもちろん、未来に対するビジョンを示す重要な契機になる」とし「特に大統領選挙期間中、大統領選候補の外国人とのミーティングは大統領選候補としての外交デビュー舞台も同然だ」と指摘した。

そして「ところが李在明民主党大統領候補がジョン・オソフ米上院議員に会った席で韓国が日本に合併されたのは桂-タフト協定のためだという発言をしたという。それも韓米同盟強化のために訪韓した米国の若手政治家に」と突いた。

李氏は12日、オソフ議員(ジョージア州)との会談途中で、韓米同盟の成果を強調しながらも、その裏面に「小さな陰」があるとし「韓国が日本に合併されたのは米国が桂-タフト協定を通じて承認したから」と述べた。続いて「結局、日本が分割されたのではなく、戦争被害国の韓半島が分割されて(韓国)戦争の原因になった」と付け加えた。オソフ議員側は李氏の該当の発言に「韓国戦争の間にあった米将兵の犠牲」を言及する形で応酬した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    元駐英公使の太永浩氏、李在明氏に対して「北朝鮮ですら米国政治家に100年前の歴史についてあれこれ言わない」

    2021.11.16 09:34
    뉴스 메뉴 보기
    韓国与党「共に民主党」の大統領候補、李在明(イ・ジェミョン)氏(右)が12日、ソウル汝矣島(ヨイド)中央党事務所で米国のジョン・オソフ上院議員と面会し、握手をしている。[写真 国会写真記者団]
    TOP