주요 기사 바로가기

日本新外相「日韓関係を健全な関係に戻し、意思疎通を加速していく」

ⓒ 中央日報日本語版2021.11.11 16:02
0
日本の林芳正新外相が就任後初めて記者会見し、韓国との意思疎通を強化するという意思を表した。

林外相は11日、外務省で開いた就任記者会見で「日韓関係を健全な関係に戻し、そのうえで幅広い分野で協力すべく、外交当局間の協議や意思疎通を加速していきたい」と述べた。

韓国との高官級の意思疎通などをどのようにするのかという質問に対し、「韓国は重要な隣国であり、厳しい状況をこのまま放置できない」としながら、このように答えた。

しかし強制徴用、旧日本軍慰安婦問題などについては従来の日本政府の立場を再確認した。林外相は「国と国の約束を守ることは国家間の関係の基本」とし「韓国側には適切な対応を取ってもらう必要がある」と語った。

韓国が包括的および先進的なTPP協定(CPTPP)加入を検討していることに対する日本の立場については、「中国、台湾、英国などの加入申請は知っているが、韓国についてはまだ知らない」と答えた。

林外相は北朝鮮への対応を含む地域の安定のために韓日米協力が避けられないと説明した。林外相は「普遍的価値を守り抜く覚悟、日本の平和と安定を守り抜く覚悟、人類に貢献し国際社会を主導する覚悟、この3つの覚悟を持って外交を展開していきたい」とし「日米同盟のさらなる進化で抑止力を強化することが重要だ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP