주요 기사 바로가기

韓国与党代表、尹錫悦大統領選候補の特恵を批判…「日本政府の支援で研究する教授の息子として生まれ…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.08 15:33
0
韓国与党・共に民主党の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表が8日、最大野党・国民の力の公認大統領候補に決定した尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長は特恵を受けた人生を歩んできたと批判した。

宋代表はこの日、国会で開かれた党選挙対策委員会の会議で、「既得権の国を機会の国に変える」という尹候補の大統領選スローガンに言及しながらこのように述べた。

宋代表は尹候補について「日本政府の支援を受けて研究する教授の息子として生まれ、ソウル大法大を出て検察として順調に人生を歩んできた」とし「文在寅(ムン・ジェイン)政権で(司法研修院)5期を飛び越えながら特恵の中の特恵を受けて突然出世した検察総長が公正を話すのは青年の情緒に合わない」と強調した。

また「(尹候補の)家族全体が不正容疑で捜査対象になっているため、疑惑を一つ一つ国民とメディアの前に詳細に明らかにすべき」という立場も明らかにした。

さらに「わが民主党の党内選挙ルールを適用していれば、洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補が当選していたはず」とし「我々(民主党)は146万人が実際に(党内選挙)投票に参加したが、国民の力は4分の1にもならない約36万人が投票した」と指摘した。

宋代表は「5対5で国民と党員の世論調査をしたため、10%以上も国民世論で勝利した洪候補が落選するという異変が生じた」とし「民心と党の乖離があった」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党代表、尹錫悦大統領選候補の特恵を批判…「日本政府の支援で研究する教授の息子として生まれ…」

    2021.11.08 15:33
    뉴스 메뉴 보기
    「共に民主党」の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表
    TOP