주요 기사 바로가기

日本社会からヤクザが消える…9年間で7万人から2万5000人に「急減」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.19 07:33
0
日本の組織暴力団「ヤクザ」の数が超強力規制によって急減していることが明らかになった。

17日(現地時間)、米国日刊紙ワシントン・ポスト(WP)は日本警察庁傘下の全国暴力追放運動推進センターの資料を引用し、2011年7万300人に達していたヤクザの組員数が昨年2万5900人に減ったと報じた。

過去、ヤクザは政治・経済権力などと癒着して強力な影響力を行使していた。日本政府は1990年代から暴力団対策法を施行し、ヤクザに対する取り締まりを強化し始めた。

2011年にはこの法をさらに強化した暴力団排除条例が全国地方自治体で施行された。暴力団排除条例はヤクザ組織員やその知り合いなど関係者に対して銀行口座を開設したり賃貸住宅契約、保険加入および携帯電話の購入などを禁止する内容を含んでいる。

犯罪社会学が専門の広末登氏はWPに対して「ヤクザを社会から隔離するためのもの」と明らかにした。ヤクザ生活を清算して、犯罪映画諮問役として活動する沖田臥竜氏は「該当の条例はヤクザ世界に非常に大きな影響を及ぼした」と説明した。親分は早期に引退し、多くの部下は暴力団から抜けたという。

これに先立ち今年8月には、福岡地裁は日本最悪のヤクザ集団と言われる暴力団「工藤会」の親分、野村悟被告に対して殺人など容疑で死刑判決を下した。この判決はヤクザの時代が変化していることを示しているとWPは指摘した。

WPは2010年から2018年までの間に組織を離れた元ヤクザのうち職を得られたのは比率は3%にすぎないと伝えた。ヤクザをやめても少なくとも5年間ヤクザ関係者として分類されて規制を受け、社会的烙印も押されるためだ。今年7月、Netflix(ネットフリックス)にはこれを扱った映画『ヤクザと家族 The Family』が公開された。

足を洗っても社会復帰に失敗した一部は組織に戻ったりまた別の犯罪を犯したりするという。WPはこれを克服して新しい出発に成功した人々のインタビューを伝えた。

山口組の組員だったコムラリュウイチさんは38歳でヤクザ生活を清算した。4度の懲役刑を受けたコムラさんは8年間勉強に専念して、46歳で法務士試験に合格した。

工藤会の組員だったナカモトタカシさんは小さなうどん店を出して運営している。ナカモトさんは「規制があるからと5年間をただ待つだけでは何も変わらない」とし「人からの助けをただ望むのではなく、先に近付かなければならない」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP