주요 기사 바로가기

岸田首相、靖国神社に供え物奉納…菅前首相は直接参拝の「コンビプレー」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.18 06:42
0
日本の岸田文雄首相が17日の首相就任後初めて太平洋戦争のA級戦犯が合祀された靖国神社に供え物を奉納した。

NHKと共同通信によると、岸田首相は靖国神社の秋季例大祭が始まったこの日「内閣総理大臣岸田文雄」の名義で供え物を奉納した。奉納した供え物は真榊と呼ばれる鉢植えだ。

時事通信によると直接参拝はしていない。

菅前首相はこの日退任後初めて靖国神社を直接参拝したと共同通信が報道した。菅前首相は参拝後に記者らに「前内閣総理大臣の立場で参拝した」と話した。4日の首相退任後13日ぶりだ。私人ではなく元公人の立場でした行動であることを明確にしたものだ。

菅前首相のこうした動きは前任の安倍晋三元首相の歩みと似ている。安倍元首相は第2次政権発足翌年の2013年12月に靖国神社を直接参拝し議論を起こした。その後在任期間には供え物だけ奉納し、退任後には太平洋戦争終戦記念日と春季と秋季例大祭の際に毎回直接参拝している。彼は秋季例大祭を控えた14日にも靖国神社を参拝した。

靖国神社は明治維新後に日本で起きた内戦と日帝が起こした多くの戦争で死亡した246万6000人余りの英霊を祀る施設だ。ここには絞首刑に処された東条英機元首相ら7人と無期禁錮刑を宣告され獄死した元朝鮮総督の小磯国昭元首相など太平洋戦争を率いたA級戦犯14人も1978年の合祀の儀式を経て靖国神社に祀られた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    岸田首相、靖国神社に供え物奉納…菅前首相は直接参拝の「コンビプレー」

    2021.10.18 06:42
    뉴스 메뉴 보기
    岸田文雄首相
    TOP