주요 기사 바로가기

韓国が初のSLBM発射した日、北朝鮮は弾道ミサイルで挑発(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.16 07:24
0
北朝鮮が巡航ミサイルを発射した3日後の15日、短距離弾道ミサイル2発を東海上に撃った。北朝鮮が国連安全保障理事会決議違反に該当する弾道ミサイルを発射するのは3月25日から174日ぶりだ。北朝鮮のミサイル発射は中国の王毅国務委員兼外相が文在寅(ムン・ジェイン)大統領を表敬訪問した直後であり、文大統領が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)試験発射を参観する3時間ほど前だった。王外相は韓国が米国牽制に参加することを強く要請した。

北朝鮮は韓国政府が11~12日の北朝鮮の長距離巡航ミサイル試験発射に対し事実上大きな戦略的意味付けをしないかのような立場を明らかにした後に弾道ミサイルを発射した。北朝鮮は巡航ミサイル関連事業を「戦略兵器開発」と規定して事実上の戦術核能力をはばかることなく誇示したが、韓国政府は北朝鮮の巡航ミサイル発射は安保理決議や南北合意違反ではないとの立場を明らかにし、北朝鮮の武力挑発と核脅威を縮小評価するような姿勢を見せた。

合同参謀本部によると、北朝鮮はこの日午後12時34分と39分に平安南道陽徳(ピョンアンナムド・ヤンドク)付近から短距離弾道ミサイル2発を東海上に向け試験発射した。合同参謀本部は「今回の飛翔体の飛行距離は約800キロメートル、高度は60キロメートル余りと探知された」と明らかにした。落下場所は特定されていない。北朝鮮のミサイルは当初発表とは違い日本の排他的経済水域(EEZ)内に落ちたと読売新聞などが防衛省幹部の話として報道した。韓国軍消息筋によると北朝鮮が今回発射したミサイルは新型のKN-23かKN-24と推定される。「北朝鮮版イスカンデル」と呼ばれるKN-23は防空網を無力化するために変則的な飛行をするのが特徴だ。「北朝鮮版ATACMS(エイタクムス)」と呼ばれるKN-24は固体燃料を使って奇襲的に発射できる戦術地対地ミサイルだ。

北朝鮮が今年ミサイルを撃ったのは今回が5回目だ。北朝鮮はバイデン米大統領就任直後の1月22日と3月21日に巡航ミサイルを発射し、3月25日には短距離弾道ミサイルを撃った。

米国務省はこの日、「米国政府は北朝鮮のミサイル発射を非難する。国連安保理決議違反であり近隣諸国と国際社会に対する威嚇」と話した。また「われわれは継続して北朝鮮と外交的アプローチをするものであり北朝鮮が対話に参加することを促す。韓国と日本の防衛に対するわれわれの約束は確固としている」と強調した。

日本の菅義偉首相も「わが国と地域の平和と安全を脅かすものであり言語道断」と話した。

◇文大統領「SLBM、挑発抑止力」、金与正「南北関係破壊される」

文大統領はこの日午後、忠清南道泰安(チュンチョンナムド・テアン)の国防科学研究所(ADD)総合試験場で韓国が独自開発したSLBM潜水艦発射実験に成功したことと関連し、「われわれのミサイル戦力増強こそ北朝鮮の挑発に対する確実な抑止力になれる。現在さまざまな種類のミサイル戦力発射実験の成功を通じ、われわれはいつでも北朝鮮の挑発に対応できる十分な抑止力を備えていることを見せた」と強調したと青瓦台(チョンワデ、大統領府)のパク・ギョンミ報道官が書面会見を通じて伝えた。 韓国が初のSLBM発射した日、北朝鮮は弾道ミサイルで挑発(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国が初のSLBM発射した日、北朝鮮は弾道ミサイルで挑発(1)

    2021.09.16 07:24
    뉴스 메뉴 보기
    韓国が独自に開発した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)が15日、潜水艦「島山安昌浩」(3000トン級)に搭載されて発射された。この日の実験は国防科学研究所(ADD)総合試験場で文在寅大統領らが参加する中で行われた。韓国は世界で7番目にSLBM運用国となった。[写真 国防部]
    TOP