주요 기사 바로가기

南東側に遠ざかった台風14号…17日、済州海上経て日本へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.15 14:25
0
韓国に接近中の台風14号「CHANTHU(チャンスー)」が17日、済州島(チェジュド)近海を通過して日本側に抜けるとの予想された。当初、南海(ナムへ)上を貫通するとみられたが、予想進路が南東側に遠ざかった。ただし勢力は維持するとみられ、済州・南部地方を中心に強い風と共に雨が降る。



韓国気象庁によると、台風14号は15日午前9時に西帰浦(ソグィポ)南南西340キロメートルの海上を通過した。中心気圧は980ヘクトパスカルで、前日に比べやや弱まった。中心の最大風速は秒速29メートル(時速104キロメートル)、強風の半径は280キロメートルだ。

台風14号の強さは前日まで続いた「強」から「中」に一段階低くなった。だが、今も秒速30メートルに近い強風が吹いている。チャンスーはカンボジアが提出した名前で花の一種だ。

台風は済州遠海で数日間停滞している。時速5キロ程度で上下を行き来して足踏み状態だ。だが、進路を遮っていた高気圧が移動し、台風も16日から本格的に北東進することになる。この日午後9時ごろ、西帰浦南西140キロメートル海上に進出し、12時間後には西帰浦東50キロメートル海上まで接近する。

済州島を通過して速度が挙がった台風は継続して東に向かい、17日夜に大韓海峡を通過した後、日本に上陸する。18日午前9時ごろ名古屋付近の陸上で温帯低気圧に変わるものとみられる。

このような台風の進路変更は高気圧の影響を受けたものと分析された。気象庁のハン・サンウン気象専門官は「わが国周辺の高気圧の勢力が強く現れて台風が当初の予想より南に下がることになった」としながら「台風の南東側と北西側に高気圧が位置して(その間にある)南海上に向かう進路がある程度確保された。気圧配置によって済州南東の海上を経て南海上と大韓海峡を通過する移動経路が出てきた」と説明した。ただし、韓国の近海を通過する間、台風の勢力は大きな変化なく維持されるものとみられる。済州近海や南海上などに下された気象特報は出されたままだ。済州島は16日午後~17日日中、全羅道(チョルラド)は17日未明~午後、慶尚道(キョンサンド)は17日朝~夜にそれぞれ台風の影響を最も大きく受けると予想される。台風の間接影響を受けている済州島はすでに多くの雨が降っている状態だ。13日から15日午前9時まで済州島山間のツツジ畑には累積降水量725ミリが記録された。この期間、西帰浦にも334ミリの多くの雨が降った。台風が次第に接近して済州地域にはまた大雨が降る。16日午後から17日まで済州地域の予想降水量は100~300ミリ(済州山地部は最大400ミリ以上)になる。南海岸も前日の予想よりも少ないものの、多くの雨が降る。この時期、全南東部、慶南海岸には30~80ミリ(最大120ミリ以上)が降ると予想される。

その他の南部地方と江原(カンウォン)嶺東(ヨンドン)、忠清(チュンチョン)地域(17日基準)は10~60ミリ、京畿(キョンギ)南部と江原嶺西(ヨンソ)南部(17日基準)は5~20ミリの雨が降る。台風が伴っている強い風にも注意しなければならない。済州島には16日午後から17日までに最大瞬間風速35~40メートル程度の非常に強い風が吹く。南海岸と東海(トンへ、日本名・日本海)岸南地域にも20~30メートル水準の強い風が吹く。その他南部地方は15~25メートル程度と予想される。台風の直接的な影響圏に入る済州・全羅・慶尚地域は被害がないように格別の注意を払わなくてはならない。

海岸では強い風による高波で浸水被害が発生する可能性がある。ただし、台風14号が当初の予想よりも韓国から遠ざかり、ソウルなど一部地域は台風の影響を事実上受けない。ハン専門官は「台風の進路が済州北の海上から南東の海上に変わり、距離を計算した予報調整を通じて京畿、江原嶺西は最大瞬間風速の影響区域から抜けた。また首都圏、ソウルなどは降水区域からも外れたとみられる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    南東側に遠ざかった台風14号…17日、済州海上経て日本へ

    2021.09.15 14:25
    뉴스 메뉴 보기
    衛星映像で捉えられた台風14号「CHANTHU(チャンスー)」。[資料 韓国気象庁]
    TOP