주요 기사 바로가기

中国外交部報道官、米軍機でブランコに乗るタリバンの映像投稿…米国を嘲弄する意図か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.13 10:32
0
在パキスタン大使出身の中国外交部の趙立堅報道官がアフガニスタンから撤退した米国を嘲弄するかのような映像をSNSに投稿した。

趙報道官は9日、ツイッターに「帝国の墓と彼らの戦争機械。タリバンは彼らの飛行機をブランコとおもちゃに変えた」というコメントと49秒ほどの映像を公開した。



映像には男性らが飛行機の翼に紐をくくりつけてブランコに乗る様子が入っている。彼らは大きな声で笑いながら歓声をあげてブランコを乗っている。

該当映像がいつ撮影されたのか、ブランコに乗っている男性たちがタリバンの隊員なのかどうかは確認されなかった。

趙報道官は掲示文でアフガンを表す時によく使われる「帝国の墓」という表現を使った。また、映像に登場する男性を指して「タリバン」とした。米軍がアフガンから撤退して残して行った飛行機であり、ここでタリバン隊員がブランコに乗っているとして米国を嘲弄したものと分析される。

趙報道官は過去にも米国を非難する内容のツイッターをたびたび投稿し、「闘鶏外交官」「ツイッター戦士」という別称がつけられた。趙報道官は昨年3月、ツイッターに「米軍が武漢に新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)を持ち込んだ」という書き込みを英語と中国語で投稿したことがある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国外交部報道官、米軍機でブランコに乗るタリバンの映像投稿…米国を嘲弄する意図か

    2021.09.13 10:32
    뉴스 메뉴 보기
    中国外交部の趙立堅報道官
    TOP