주요 기사 바로가기

中国の追撃受ける韓国OLEDパネル

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.10 09:43
0
韓国が主導する有機発光ダイオード(OLED)パネル市場の構図が変化している。サムスンはLGが独占していた大型OLED市場に、LGはサムスンの独壇場だった中小型OLED市場にそれぞれ参入して激しい競争を予告している。液晶表示装置(LCD)市場で韓国に白旗をあげさせた中国もOLED市場を虎視耽々を狙っている。

◆サムスンD、10-12月期の量子ドットOLED量産開始

10日、ディスプレイ業界によるとサムスンディスプレイは今年10-12月期の大型OLEDである量子ドット(QD、Quantum dot)ディスプレイの量産に入る。これまで大型OLED市場を冷遇してきたサムスンの立場としては大きな変化だ。昨年米国ラスベガスで開かれた「ファーストルック」イベントでサムスン電子映像ディスプレイ事業部長(社長)のハン・ジョンヒ氏は「OLEDは永遠にしない」と明らかにしていた。

だが、サムスンの大型OLED市場進出説はその間も絶えず流れていた。LCD市場を中国にすべて渡したうえにOLEDがディスプレイ市場の筆頭に浮上しながらだ。業界専門家は「LCD市場がすべて中国に移行する渦中もサムスンが大型OLEDを冷遇したのは戦略的失敗になるかもしれない」とし「時期は非常に遅れたがサムスンの大型OLED進出は当然の流れ」と話した。

現在、テレビ用大型OLEDパネル市場は事実上LGディスプレイが独占している。関連業界では早ければ来年初めにサムスン電子がサムスンディスプレイのQD OLEDを搭載したテレビをリリースするとみている。

◆LGD、中小型OLEDに攻撃的投資

LGディスプレイはサムスンディスプレイが掌握した中小型OLEDへの投資拡大に乗り出した。LGディスプレイは2024年初めまでに3兆3000億ウォン(約3100億円)かけて京畿道(キョンギド)坡州(パジュ)工場に第6世代中小型OLED生産ラインを構築するとしている。また、ベトナム・ハイフォン工場に14億ドル(約1540億円)を投資してOLEDモジュールラインを増設する。LGディスプレイ関係者は「中小型OLED市場への進出がやや遅れたという指摘があるが、技術と生産能力を考慮する場合、市場性は充分だと判断する」と話した。

関連業界ではLGディスプレイの中小型OLED市場進出に関連して「Apple(アップル)を念頭に置いたもの」という見方もある。匿名を求めた業界専門家は「LGディスプレイはiPhone12にOLEDを安定的に供給してアップルの信頼を得た」とし「アップルが新作iPhone13やiPadにもOLEDを搭載して、アップルカーなどにもOLEDの搭載を考慮していることからLGディスプレイの中小型投資拡大は合理的な決定」と話した。

◆OLEDパネル、2024年470億ドル規模に成長

韓国ディスプレイ産業協会によると、昨年260億ドルだった中小型OLED市場は需要先が拡大して2024年には390億ドル規模に成長する見込みだ。市場調査会社「オムディア(Omdia)」によると、中小型OLED市場でサムスンディスプレイの占有率は昨年末基準73.1%で1位だ。

大型OLED市場も同じ期間42億ドルから2024年75億ドルに大きくなる見込みだ。ユアンタ証券のキム・グァンジン研究員は「今年ディスプレイ業界実績改善の基盤になったLCD価格の上昇が終了したことから中長期の競争力確保のためにOLEDへの事業転換は必然的」と話した。

◆中国、中小型OLED市場で韓国猛追撃

中国メーカーもOLED市場を狙っている。市場調査会社「UBIリサーチ」によると、2018年93.3%だったサムスンディスプレイのスマートフォン用OLED占有率は今年4-6月期に73%台に低下し、来年は60%台まで下落する見通しだ。イ・チュンフン代表は「OLEDスマートフォン産業自体が中国に移っている」とし「(中国最大ディスプレイメーカーの)BOEの場合、大幅ではないが次第にOLED出荷量が増えるだろう」と予想した。

業界関係者はこれについて「大型OLEDはまだ収率や生産能力、技術力で韓国と中国の格差が大きいが、小型OLED技術力の差は事実上1年以内に狭まった」とし「中国政府の支援もLCDからOLEDに移ったことから中国の追撃は無視できないものになるだろう」と診断した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国の追撃受ける韓国OLEDパネル

    2021.09.10 09:43
    뉴스 메뉴 보기
    サムスンディスプレイ(左側)とLGディスプレイの各工場全景。[写真 サムスンディスプレイ、LGディスプレイ]
    TOP