주요 기사 바로가기

乗客に骨折続出…日本の“世界最速”ジェットコースター結局運休へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.26 08:10
0
世界で最も速いジェットコースターの一つである日本のジェットコースター「ド・ドドンパ」で乗客のけがが相次ぎ運行を一時中断した。

26日(現地時間)、米メディアのニューヨーク・タイムズ(NYT)やBBCなどによると、昨年12月から今年8月まで山梨県富士吉田市にある富士急ハイランドのジェットコースター「ド・ドドンパ」を利用した人のうち合計6人がけがをした。そのうち4人は首や背中、胸などに骨折傷を負った。

このような調査結果が出たことをうけて、県はけがの正確な原因が分かるまで該当ジェットコースターの運行を中断すると発表した。

富士急側は運行を中断して「乗客のけがとジェットコースターとの直接的な因果関係はまだ確認されていない」と明らかにした。続いて「今年5~6月の間に骨折事故事例が寄せられてから業者と安全点検を進めたがジェットコースターには特別な問題は見つかっていない」とした。

2001年に運行を開始した「ドドンパ」は当時時速172キロでアジア最速のジェットコースターだった。その後2017年のリニューアルードを経て、1.56秒後に時速180キロを走破する最高速度を記録した。これは世界で最も速いジェットコースターだと当時メディアは伝えた。

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の大流行にもかかわらず、該当テーマパークは2020年6月から開場して運営されている。

骨折が続出すると、最高地点から滑り降りる時に重力の3倍以上の重力が身体にかかることが関連しているかもしれないという一部の指摘が出た。

ジェットコースターなどの構造物について研究している日本大学理工学部の宮里直也教授は「ジェットコースターが最高点に達したとき、加速度は宇宙飛行士がロケット打ち上げ時に体験する重力と似ている」とし「乗客がこの加速に耐えられないときにけがが発生する」と説明した。その一方で「乗客が座る姿勢にも問題があったかもしれない」とし「乗客が背もたれに体を隙間なくしっかり固定しているかどうか、スタッフは乗客の座り方を確認する責任がある」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    乗客に骨折続出…日本の“世界最速”ジェットコースター結局運休へ

    2021.08.26 08:10
    뉴스 메뉴 보기
    ジェットコースター
    TOP