주요 기사 바로가기

日帝時代強制労働被害者遺族、日本企業への損害賠償訴訟で敗訴

ⓒ 中央日報日本語版2021.08.11 12:08
0
日帝時代の強制労働被害者遺族が日本企業三菱マテリアルを相手取り訴訟を起こしたが、敗訴した。

ソウル中央地裁民事25単独パク・ソンイン部長判事は11日、強制労働被害者のイ氏の遺族5人が三菱マテリアルを相手に起こした損害賠償訴訟で、原告敗訴の判決を下した。イ氏は生前1941~1945年に炭鉱に強制動員され、被害を被ったと陳述した。これをもとに、遺族が2017年2月、1億ウォン(約960万円)を請求する訴訟を起こした。

これより先に、韓国最高裁全員合議体は、2018年に強制徴用被害者ヨ・ウンテク氏ら4人が、日本企業・新日鉄住金を相手に起こした損害賠償訴訟の再上告審で、原告勝訴判決した原審を確定した。1965年に締結した韓日請求権協定にもかかわらず、違法行為に対する損害賠償責任を認めた判決だった。

しかし、6月に強制徴用被害者らが起こした損害賠償訴訟で敗訴した。6月7日、ソウル中央地裁民事合意34部(部長判事キム・ヤンホ)は強制徴用被害者と遺族85人が日本製鉄・日産化学・三菱重工業など日本企業16社を相手取り提起した損害賠償請求訴訟で、原告の請求を棄却した。裁判所は「個人の請求権が請求権協定によってすぐに消滅または放棄されたとは言えないが、訴訟でこれを行使することはできない」と判断した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP