주요 기사 바로가기

米「ウイルスが進化した、ワクチン接種者も再びマスク着用を」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.28 12:04
0
米バイデン政権があまりに早くシャンパンを開けたのだろうか。バイデン政権は新型コロナウイルスワクチン接種を終えた人はマスクをはずしても構わないという2カ月前の指針を引っ込めて再びマスクを使うよう指針を下した。

米疾病管理予防センター(CDC)は27日、新型コロナウイルスの感染が活発な高リスク地域ではワクチンを2回接種した人も屋内と公共施設でマスクを着用するよう勧告した。5月に接種完了者はマスクをする必要はないとの指針を発表する以前に戻ったのだ。

高リスク地域に限って適用されると明らかにしたが、米国各地でデルタ株が増加傾向にあり、事実上全国に該当する勧告と受け止められている。

7月4日の独立記念日の演説で「ウイルスからの独立」を宣言し、「自由の夏」を迎えるだろうというバイデン大統領の予告はあまりに性急なものではなかったかとの指摘が出ている。

◇CDCの「マスク指針」、どのように変わったか

新型コロナウイルスワクチンが出てからこれまでCDCは「ワクチン未接種者は室内でマスクを使わなければならない」と勧告してきた。その後5月に「ワクチン接種完了者は室内でも未接種者と会う時もマスクを使わなくても良い」と指針を変えた。

そしてこの日CDCは「ワクチン接種を完全に終えた人も室内の公共施設でマスクを使わなければならない」と指針を再度改定した。

特に学校ではワクチン接種の有無、地域のウイルス感染拡大レベルと関係なくすべての人が例外なくマスクを使わなければならないと勧告した。現時点では秋学期の対面授業再開の方針には変わりはないと明らかにした。

◇「ワクチン接種者もマスク使え」急旋回の理由は

CDCとホワイトハウスは、CDCが判断基準とする「科学的根拠」が変わったと明らかにした。

CDCは5月の指針でワクチンを打った人は新型コロナウイルスにほとんど感染せず、ウイルスを感染させないという資料を基にしたとニューヨーク・タイムズは伝えた。

ところが最近になり感染力が強いデルタ株が広がり、CDCはワクチンを接種した人も感染することがあり、さらに多くのウイルスを感染させる恐れがあるという新たな科学的証拠を得たと政府当局者3人が明らかにした。

ワクチン接種を終えた人も鼻とのどに多くの変異ウイルスを持っている可能性があり、他の人に感染させることがあるということを意味すると同紙は説明した。 米「ウイルスが進化した、ワクチン接種者も再びマスク着用を」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米「ウイルスが進化した、ワクチン接種者も再びマスク着用を」(1)

    2021.07.28 12:04
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP