주요 기사 바로가기

<東京五輪>韓国テコンドー、史上初「ノーゴールド」…イ・ダビン、2度の手術を乗り越え「銀」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.28 07:48
0
イ・ダビン(25、ソウル市庁)が生涯初めてのオリンピック(五輪)で銀メダルを獲得した。

世界5位のイ・ダビンは27日、千葉幕張メッセAホールで開催された東京オリンピック(五輪)女子テコンドー67キロ超過級の決勝で3位のミリツァ・マンディッチ(30、セルビア)に7-10で敗れた。けがを乗り越えてつかんだ貴重な銀メダルだ。

イ・ダビンは2年前からけがに苦しんできた。2019年国際大会中に右腕を痛め、3カ月間のリハビリ生活を送った。昨年2月には左足首の手術を受け、痛みが消えなかった。このままでは力を発揮できないと判断したイ・ダビンは、五輪開幕3カ月前に骨片除去および靭帯接合手術を受けた。その後の2カ月間は超人のような回復と練習でコンディションを上げた。

イ・ダビンは世界1位のビアンカ・ウォークデン(英国)との準決勝では大逆転劇を見せた。イ・ダビンは終了3秒前まで22-24とリードを許していた。相手が勝利を予感したように歓呼する瞬間、イ・ダビンの左足のビアンカの顔をとらえた。逆転と同時に終了ブザーが鳴った。

高校3年で出場した2014年仁川(インチョン)アジア競技大会でイ・ダビンは金メダルを獲得し、「テコンドーの天才」と呼ばれた。宗主国の韓国でも高校生がメジャー大会で優勝するのは珍しい。しかし翌年は危機を迎えた。大学入学後に減量に苦しみ、結局、階級を2つ上げた。その時から蹴り技をさらに集中的に磨いた。毎日3度ずつ、1500回の蹴り技を練習した。他の選手の練習量の3倍だった。苦しい時は東京五輪のことを考えて乗り越えた。アップグレードした技で相手ともつれた状態でも狙い通りの攻撃が可能になった。190センチの大きな選手にも勝つイ・ダビンは「女性ブルース・リー」とも呼ばれた。

これに先立ち男子80キロ超過級の3位決定戦ではイン・ギョドン(29、韓国ガス公社)が銅メダルを獲得した。スロベニアのイバン・トライコビッチに5-4で勝利した。イン・ギョドンは22歳だった2014年、血液がんの一種リンパ腫と診断されたが、5年間にわたる治療で克服した。

韓国テコンドーは史上初めて五輪を金メダルなく終えた。今回の五輪では6階級に出場し、銀メダル1個、銅メダル2個だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>韓国テコンドー、史上初「ノーゴールド」…イ・ダビン、2度の手術を乗り越え「銀」

    2021.07.28 07:48
    뉴스 메뉴 보기
    テコンドー女子67キロ超過級の決勝でセルビアのマンディッチを攻撃するイ・ダビン(左)。イ・ダビンは銀メダルを獲得した。 [五輪写真共同取材団]
    TOP