주요 기사 바로가기

韓国南部・全南に2日間500ミリの大雨…住宅浸水・土砂崩れ2人死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.07 07:06
0
梅雨電線が位置した韓国全南(チョンナム)に5~6日、最大500ミリを越える大雨が降った。これによって2人が亡くなった。7日まで南部地方を中心に雷・稲妻を伴った強い雨がさらに降るものとみられる。一部の地域では1時間当たり80ミリ以上の大雨が予想されて被害が懸念される。

気象庁によると、5~6日慶北(キョンブク)北部を除いた南部地方の累積降水量は100~300ミリだ。全南海南(ヘナム)など一部の地域では2日間500ミリ以上降った。

集中豪雨で6日午前4時57分ごろ、全南海南郡三山面(サムサンミョン)の大興寺(テフンサ)付近で住宅が浸水して60代後半の女性が水に溺れて亡くなった。

また、午前6時4分ごろ、光陽市津上面(クァンヤンシ・チンサンミョン)のある村山で土砂崩れが発生して住宅2棟と倉庫1棟が埋没し、倉庫2棟が半破された。消防当局は埋没した住宅内部に80代女性が閉じ込められているのを確認して救助に出たが、この女性は午後2時55分ごろ遺体で発見された。また、珍道郡(ジンドグン)49棟、長興郡(チャンフングン)24棟、海南郡20棟、高興郡(コフングン)19棟、康津郡(カンジングン)17棟など住宅130棟が浸水して被災者36世代・47人が発生した。

また、海南郡5356ヘクタール、珍道郡5149ヘクタール、長興郡2998ヘクタール、高興郡630ヘクタール、宝城郡(ポソングン)528ヘクタールなど全南地域の農耕地1万4841ヘクタールが浸水した。畜舎も長興郡18棟、海南郡12棟、康津郡11棟、莞島(ワンド)1棟の計42棟が浸水して鶏と鴨約6万5000匹が死んだ。

忠清(チュンチョン)南部と慶北(キョンブク)北部は50~100ミリ、忠清北部と済州道(チェジュド)山地は20~80ミリの雨が降った。山地を除いた済州道と江原(カンウォン)南部・鬱陵島(ウルルンド)・独島(ドクト、日本名・竹島)の降水量は5~20ミリだ。梅雨を起こす停滞前線と離れた首都圏では雨の兆しがほぼ見えなかった。

7日にも南部地方を中心に雨が降る予定だ。この地域に位置した停滞前線がしばらく北上し、忠清道にも影響を与えるものとみられるが、降水量は依然として南部地方に集中するものとみられる。この日、全羅道(チョルラド)と慶南(キョンナム)地域の予想降水量は30~100ミリだ。停滞前線の端に位置した忠清道と慶北、済州道山地は10~60ミリだ。首都圏・済州道(山地除外)・江原道には5~20ミリの雨が降る見通しだ。

南部地方に降る雨は7日夜まで続いて止むものとみられる。その後、停滞前線が本格的に北上するものと予想される。しばらく小康状態となった後、梅雨による雨は8日から再び全国に降るものとみられる。気象庁は週末である10~11日には雨が止んで降ることを繰り返すと予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国南部・全南に2日間500ミリの大雨…住宅浸水・土砂崩れ2人死亡

    2021.07.07 07:06
    뉴스 메뉴 보기
    梅雨前線の影響で韓国南部地方に大雨が降った6日、全南光陽市津上面の土砂崩れの現場で救助隊員が遺体で発見された埋没者を移している。フリーランサーのチャン・ジョンピル
    TOP