주요 기사 바로가기

金正恩委員長、異例にも食糧難認める…「この難局を乗り越える」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.19 12:30
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が労働党中央委員会全員会議を終えながら現在の難局を必ず克服すると宣誓した。

朝鮮中央通信は19日、「党中央委員会全員会議が6月18日に閉会した」とし「総秘書(総書記)同志は堅忍不抜の闘志で革命の前に横たわる現在の難局を必ず乗り越え、今後いかなる厳酷な試練が立ちはだかっても秋毫の変心なく首領様と将軍様の革命思想と偉業に忠実であることを党中央委員会を代表して厳粛に宣誓した」と報じた。

金委員長は今回の全員会議で異例にも食糧難を認めた。また、民生を解決するための特別命令書を発令するなど全員会議期間は終始、民生安定と経済難打開を核心議題として提示してきた。

金委員長は全員会議で党幹部を強く叱責した。金委員長は「すでに指導機関成員の事業と生活で深重な問題が発露している」とし「革命の前世代のようにいかなる艱苦がある環境でも党中央の決定を徹底的に受け入れて無条件に貫徹する本当の革命家になるべきだ」と強調した。

今回の会議では国家機関の幹部の解任・任命など人事もあった。テ・ヒョンチョル最高人民会議常任委員会副委員長が政治局委員に、ウ・サンチョル中央検察所長が政治局候補委員に選ばれた。中央検察所長が政治局候補委員に選出されたのは極めて異例だ。1月の党規約改定で新設された党中央委員会第1書記の任命には言及しなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP